読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

肉好き&ヴェジタリアン夫婦のなれそめは?

今月は激務、というか今年に入ってから激務で、チベット正月にチベット料理店にも行けてなかったのですが、今日の休みは時間が取れて、チベット人書家と夫の人とチベット料理店タシデレで晩ごはん。二人は英語で話すので、わたしはたぶん話してる内容の1/2〜…

今年もチベットピースマーチを行いました

いつも渋谷や六本木、新宿だったのですが(ピースマーチ前に抗議の声を届ける中国大使館が麻布税務署近くなのもあり)、今年は三月九日に浅草で行いました。雷門前を通るコースでした。 We want justice ! We want Human Rights ! #TibetanUprisingDay #Free…

さいきん見た映画

三月は忙しさのあまり、読書は進まないしバレエのレッスンは二回しか行けなかったしブログも更新してませんでしたが、映画はときどき見てました。 『翔んで埼玉』 《茶番劇アワード》エントリーNo.4 そこらへんの草でも食わせておけ編 (映画『翔んで埼玉』大…

監督、もう実写はやめて……

押井守監督がまた悪あがきを始めました。 最新作はなぜか低予算の実写映画 低予算でもまだ押井守の実写映画に出資する人がいるのか? 人気タレントに頼らず、オーディションで選んだ新人をワークショップで鍛え上げ なぜ、『紅い眼鏡』『トーキング・ヘッド…

筋肉と生理痛

ほぼ一か月ぶりの更新ですが、わたしは元気です。今日は元気だったけどなんか納得いかない話について。話題が話題なのでお口直しに都度都度、関係なくおやつの写真を入れるよ。 さいきんの東急東横渋谷のミントまつりで当たりだったチョコミントおじさん 先…

友情は何かとのバーター取引なのか?

すでにいろんなところで話題になっているこのブログエントリ。わたしもどちらかというとここで論われている「友人」に近いという自覚があるからか、読んでみたところ、嫌悪感とびっくり感がありました。 chikirin.hatenablog.com わたしも『「友人に誘われた…

ストレッチ教室、レッスン覚え書き、そして思い込みについて

◆ストレッチ教室 二回目は60分コース。日本語学科卒のトレーナーさんと、わたしの仕事の話から、書き言葉と話し言葉などについて話しながらキツさを紛らわせる。 文学は芸術作品だけど、新聞記事や雑誌記事は工業製品、たまにどちらにもどっちともいえないも…

映画『FREE SOLO』ロードショー祈願@日本!

第91回アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリー賞は、クライミングのドキュメンタリー映画だった! それについて長ったらしくも熱苦しく語るので、今回は目次を導入してみました。 究極のクライミング映画、アカデミー賞受賞! 映画、ドキュメンタリー、登山も…

レッスン覚え書き + ストレッチ教室

◆レッスン覚え書き 一月は三回、二月は二回のレッスンを過ぎたところ。 一月に指摘された点: (1)両腕を上に上げる「アン・オー(en haut)」のポーズの時に肩が上がってしまいがち (2)脇や背中が相変わらず詰まっている。脇はともかく、背中側が伸びている…

妄想『仁義なきサスペリア』

グァダニーノ版『サスペリア』、公式サイトの町山智浩さんのネタバレ解説動画を見て一晩たったら、脳内で町山さんのヤクザ映画解説や、それにつられて近年のたけしのヤクザ映画が混入したのか、クライマックスシーンで妄想が展開する次第。だってほら、悪役…

リメイク版『サスペリア』@ヒューマントラストシネマ渋谷

リメイク版『サスペリア』、面白かったです。見る前から、「ティルダ・スウィントンがピナ・バウシュすぎ!」と思っていましたが、想像以上にピナ・バウシュだし、舞踊団もヴッパタールだし、「ヴッパタールとピナをディスってる!」と問題にならなかったの…

ムーミンで腐妄想

バレンタイン商戦たけなわですね。バレンタインのかわいらしいパッケージのチョコレートの前だと、さすがに腐女子も妄想しないだろう、と思うでしょう。 だがしかし、バレンタイン商品でもわたしは元気に腐妄想しています。 ◾︎スナフキン×ムーミンパパ メリ…

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』@TOHOシネマズ渋谷

ディズニーのオリジナルストーリーですが、この「メリー・ポピンズ」なら天国のトラヴァースさんも「ふん、まあまあね」と言ってくれそう。わたしは大満足でした! 冒頭のガス灯のあるロンドン、そしてセントポール大聖堂ですでに涙ぐんでいたほど、心の中の…

ロサル・タシデレ!

今年のチベット正月は二月五日でした。例年通り、ネパールにあるチベットの子どもの家「クンデ・ハウス」から年賀状が届きました。今年のカードはちょっとちびまる子ちゃんふう。 そして中を見ると、チベット語、英語、そして日本語でお祝いの言葉が! みん…

溢れる本、流れる本

積ん読本の山が発達して積乱雲や山脈のようになっている。 わたしが子どもの頃はさておき、高校や大学以降、本というものは「お、いいな」と思った時に買っておかないと、あっという間に手に入らなくなってしまうようになったので、読む時間の確保はさておき…

神社よりお寺

小正月も過ぎて旧正月も近くなったけど初詣のこと。 元日は近所のお寺に行った。お寺の近くの大通りには神社があるのだが、ふだんは閑散としているのに行列ができていて驚く。 一方、神社に隣接しているわけではない、少し離れた場所のお寺は、こじんまりと…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』@TOHOシネマズ上野

最初は見るつもりはなかったのです。というのもわたしにとってクイーンって、曲は知っているけど特にファンでもなくて、フレディ・マーキュリーはしまあつこ先生の『8ビートギャグ』や、彼を元ネタにしたのであろう江口寿史先生描くところのトーマス兄弟と…

アクラム・カーン版『ジゼル』二度目@東劇

新年初映画館、かつ二度めのアクラム ・カーン版『ジゼル』は夫の人と一緒に。夫の人曰く「群舞がテクでいうと三角波がビシッと立ってる感じでとてもイイ! ただパドドゥはあんまり……」。 パドドゥはわたしは違和感なく見ていたけど、クラシックバレエ的な「…

【気になる言葉】きゅうたいいぜん・だいそれた

先日、大家さんに「別府の地獄ってね、一巡りでいくら、じゃなくて、一地獄ごとにお金がかかるのよ、フフフ」と言われ、「これがほんとの『地獄の沙汰も金次第』か」と感じ入ったのですが、本当でしょうか。去年、別府方面には行ったのですが、地獄巡りはし…

お風呂が沸く音

しばらく前に、賃貸で住んでいる我が家の給湯器が新しくなった。 その新しいNORITZ(ノーリツ)の給湯器で、お風呂が沸いた時にワンフレーズ流れるメロディの元曲、ドイツの曲だと思うのだがタイトルが思い出せずに気になっていた。 「鼻歌アプリに聞いてみ…

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』(ネット視聴)

ネット視聴で新年初映画。A.A.ミルンの『クマのプーさん』原作ファンとしては見るべき作品。画面は衣装の生地に至るまで考証が尽くしてあるのだろうなと感じられ*1、気になるところもなくとても美しいのですが、その反面、クリストファーの生育環境の残酷さ…

2018年に見た映画

映画館に見に行こうと思って行けなかった作品がけっこうあった気もしますが、まずはベスト10を。 ❶『パッドマン 5億人の女性を救った男』インド映画に必須といわれる九つの要素をしっかり活かしつつ、発明家の理解されなさと孤独、焦燥がじりじりと迫ってく…

レッスン覚え書き・2018年末編

今日が今年最後のレッスン日でした。後半は「バレエのレッスンのためにどう時間をやりくりするか?」という感じだった2018年。ささやかながらできるようになったこと、わかったことなどをメモしていきます。 ◆できるようになったこと (1)まっすぐ立った状…

さいきん見たバレエ関連映画四本

腰が治らずバレエのレッスンに行けていないので、自然と(?)映画を見る回数が増えていました。しかも、バレエ関連映画ばっかり。 『マチルダ 禁断の恋』@恵比寿ガーデンシネマ www.youtube.com 「仕掛けられた恋」「ロシア最大のスキャンダル」とかいう宣…

わたしの髪の毛は分厚い、という話

ここ半月、腰の調子が治らない。先日の休みもバレエのレッスンをするのは無理そうだったのであきらめて、前日に予約して久々に髪の厚さを減らしに行きました。パーマ液とかヘアカラーで頭皮に痒みが出るようになって、それらをしなくなって10年、その前もそ…

世界人権デー・ピースマーチ@神田~秋葉原

12月8日(土)、10日の世界人権デーを前に主催 スチューデント・フォー・フリー・チベット・ジャパン(SFTJ) 、共催 在日チベット人コミュニティー、協力 世界南モンゴル会議(クリルタイ)、在日東トルキスタン人会で行ったピースマーチの様子をお知らせしま…

アクラム・カーンの『ジゼル』@東劇

www.youtube.com イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)団による、振付家アクラム・カーンによるまったく新しい『ジゼル』の映像版を東銀座の東劇で見てきました。東劇での上映期間は11月30日~12月6日、間をおいて12月14日~21日なのですが、その前半…

『マシュー・ボーン IN CINEMA/シンデレラ』@恵比寿ガーデンシネマ

matthewbournecinema.com 東京は恵比寿で十一月二十三日までなので見に行きました。映画ならエンドロールになるところで思わずというか、思いがけず落涙。舞台は1940年の空襲下のロンドン。そこでは田舎に疎開もできない庶民はみんな、男女関係なく「灰かぶ…

魔夜峰央原画展第2期@米沢嘉博記念図書館

若い頃は髪型、体型(要するに痩せていて胸がない)、おでこの真ん中にビンディを付けるのにちょうどよいくぼみ(水疱瘡の痕と思われる)がある、目が横に大きい、毒舌(空気が読めないため)、などから、「ラシャーヌに似ている」と言われ、魔夜峰央作品の…

レッスン覚え書き

・月二回と月四回の差 十月は二回しかレッスンに行けませんでした。その分、旅行に行ったりしていたので仕方ないといえばそうなのですが。 今までこういうことをしていたところ、 響灘でパノラマ撮影を覚えました そして気づくと月二回しか行けない月と、四…