読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

妄想

ドッペルさんに出逢ったら

とある最近の土日祝出勤の日、また職場近辺にドッペルゲンガーがあらわれた。出社してからずっとオフィスにいるのに、外から戻ってきた後輩に「あれ? Mmcさん、さっきセブンのほうにいました?」って言われたのだ。こうなってくると、怖いとか気味悪いとか…

【気になる言葉】おうとう

「『おうとう』の季節です」と耳にしたら、この「おうとう」、どちらの果物を想起しますか?・黄桃:実の黄色い桃・桜桃:さくらんぼ わたしの場合、「おうとう」と聞いて想起するのは「黄桃」のほうなので、太宰治の「桜桃忌」と聞くと、天国の雲の上で、缶…

挫折からの逃避映画鑑賞

四十肩の調子が悪くて一時間半のバレエのレッスンに行けないと、その挫折からの逃避で映画を見に行っています。というわけで、お題「最近見た映画」。 『蚤とり侍』 www.youtube.com 艶笑譚の艶と笑のバランスがいまいち、というか、どちらかに大きく出ると…

箱根食事旅行・その2

夜中に大浴場で温泉を堪能したけど、あんまりちゃんとは眠れず朝。はっ、もしかして枕が変わると眠れないってこういうことだろうか? ともあれ、部屋の窓からの景色が緑というのは、海より山派としてはうれしい。窓を開けると滝の流れ落ちる音がずっとしてい…

【気になる言葉】ジャージとジャージー

運動するときとかに着る機能的な服のことを、日本では一般的にジャージというと思うのだが、新聞ではこれがジャージーという表記になっている。「男が黒の上下のジャージーのような姿で防犯カメラに写っていた」とかそういう感じ。 www.sankei.com だが、ジ…

事実は小説より

奇なり とは言っても、こんな奇妙な人材募集が頻発するのはどうかと思うよ! なお翌日のリアル「注文の多い出版社」。 今日のレッスン ・まず床にまっすぐ座れない ・一時間半のうち、あと四十分で脳と身体の連絡不行き届き開始 ・先生に姿勢を直されたけど…

【気になる言葉】誤変換編「まがりなりにも」

ウェブでけっこう見かけるがゆえに、気になる誤変換、ありませんか? わたしはあります。 ・まがりなりにも 「間借りなりにも」と誤変換されているのを見かけると、「居候三杯目にはそっと出し」的な、「間借りさしてもらってる身ではありますが」な雰囲気を…

夢で逢いましょう ~バレエ『眠りの森の美女』妄想~

m.youtube.com その1:疲労するリラの精 「今回も、だめだった……」 お見合い不成立。王子の記憶からオーロラ姫のイメージを抜いて帰って来たリラの精は、呟いて寝床に倒れ込んだ。カラボスによるオーロラ姫への死の呪いを、城内300人もの長い眠りに分割して…

バス停にて

www.cinematoday.jp 今度こそ、本当にパヤオは引退してしまうのかもしれない、と思いながらパヤオのパクさんへの追悼の言葉を読んでいたら、椅子から転げ落ちそうになった。 1963年、パクさんが27歳、僕が22歳の時、僕らは初めて出会いました。その初めて言…

小さな小さな世界「田中智 ミニチュアワールド『Face to Face』もっとそばに」@POLA MUSEUM ANNEX

コロボックルとか安房直子の小さい人、ドールハウスとかの、小さな世界が子どもの頃から好きだった。そのころは虐待とかいじめから逃避して、小さな世界に行きたいと思っていたのかもしれない。 豆つぶほどの小さないぬ―コロボックル物語 2 (講談社青い鳥文…

『君の名前で僕を呼んで』@ル・シネマ1

www.youtube.com 『モーリス』4Kと迷って『君の名前で僕を呼んで』。両方ともジェームズ・アイヴォリー脚本で、切ないは切ないんだけど、後者の方は一度は成就してるのと考古学者のパパの言葉が素晴らしかったので後味悪くはありませんでした。モーリスが苦…

目玉の裏の世界

28日周期の細胞の入れ替わりに従って、睫毛も抜ける。抜けるのはいいのだが、わたしの場合、寝ている間などに抜けた睫毛が目玉の動きに連れて、どんどん目玉の裏に入り込むようなのだ。そして、何本もの抜けた睫毛がそこで合体して、目玉の裏に収納しきれな…

東京バレエ団ファミリー公演『真夏の夜の夢/セレナーデ』@東京文化会館

最初の『セレナーデ』が夢のように美しく、かつチュチュの衣装デザインのおかげで妙にエロティックでハァハァしました。なのに両隣のおばさま二人とも寝てるし。こんな美しいものを見逃すなんて、もったいない! https://twitter.com/TheTokyoBallet/status/…

【気になる言葉】まっちゃいろ/文部大臣/文字書きさん

今日の【気になる言葉】は小ネタぞろいなので、三つセットでお送りします。 ◆まっちゃいろ 「まっちゃいろ」という字面を見たら、どっちを連想するだろうか? ・抹茶色 ・真っ茶色 絵本だったら、真っ茶色かなあ。いや、いろんな色を紹介する内容なら、抹茶…

【気になる言葉】運命の人

学部生時代、好きな人のことを「あの人はわたしの運命の人だと思うの!」とおっしゃる先輩がいた。 この「運命の人」の指す内実が、わたしにはよくわからない。好きな人が好き合うべき運命の人なら、嫌いな人も嫌いになる運命の人なのではないのか? という…

【気になる言葉】車を転がす

車を転がす。自動車を運転することが、こう言われているのを目にするたびに、変な気持ちになる。 「車を転がす」といわれると、旧約聖書の「サムソンとデリラ」の怪力男サムソンや、マンガ『北斗の拳』に出て来たような大男が、自動車を運動会の大玉転がしの…

【気になる言葉】ほのめかす

「ほのめかす(仄めかす)」という言葉がニュースに登場すると、なんだか落ち着かない。「ほのめかす」というと、「うーん、それはどうかなー、知らないなー。あ、でもそれに関係するあれについては知らなくもないw」とか言って、他者を翻弄している感じが…

新作ピーターラビット映画

以前、ピーターラビット側からではなく、ピーターラビットたちに目を付けられた人間側からの短編を書いた。 mmc.hateblo.jp それに文芸同人誌用に手を入れてしばらくして、実写+CGのピーターラビット映画が作られていることを知った。海外版予告編を見る限…

気まずいドッペルゲンガー

幼少期からドッペルゲンガーには迷惑をかけられている。幼少期から思春期にかけてだけなら、自分とその同年代の周囲の精神不安定によるもの、ということもできるかもしれないが、ことはそう簡単ではない。ということは過去に書いた。 mmc.hateblo.jp 最近で…

オリオン座δ星から来た女

うちで夫の人と話していると、びっくりするような基本的なことを知らなかったりしてびっくりすることがある。びっくりする、というのはいろんなことを知っていて、教わることが多いので、その落差から。 ところで夫の人は時々こっちが襟を正す気分になるほど…

華麗なる加齢の馬脚

今年の3月11日は、長年共に活動している、コミケや文学フリマ的なものには不参加の大学文芸部OBサークルの活動日だった。去年の暮れにできたOB誌4号を囲んで合評会、黙祷の時間を挟んで会計報告、そして会計責任者の送別会と、やることたくさん。 OB誌はあれ…

錯誤と妄想

昔からなのだが、「りんごの唄」を脳内で勇壮に歌うと途中から「戦え!仮面ライダーV3」になってしまう奇病に悩まされている。つまり、こう。 赤いりんごにくちびるよせてだまってみている青い空りんごはなんにも言わないけれど父よ母よ妹よ風の唸りに血が叫…

半可通の空目と妄想

出先のトイレの洗面台に置かれたスプレー缶に書かれた「shoshugen」を目にして、しばらく悩んでいた。ドイツには、ロイトリンゲン(Reutlingen)、テュービンゲン(Tuebingen)、ヘッヒンゲン(Hechingen)、ジクマリンゲン(Sigmaringen)、ドナウエッシン…

和菓子屋さんで

今週のお題「ひな祭り」 のディスプレイ。お雛様、菱餅、瓢箪は当然のことながら、巻物や盃、そして桃の枝とその花や葉、散らした花びらまでもがお菓子で作られています。 もし自分に小さな娘がいたら、来年は一式、特注したい……、と思う素敵な眺め。

わたしは 13歳

移動中にイヤホンをつけて音楽を聴く習慣がない。そしてだいたいぼんやり生きているので、ときどき空目ならぬ空耳を聞く。 最近は、電車に乗っていたら、車内アナウンスで 「I am thirteen」 と言われ、 「えっ、いきなり『わたしは 13歳』って言われても。…

誤読の楽しみ

ライトセーバー。映画『スターウォーズ』シリーズに欠かせない小道具である。 ところでこのライトセーバーのライトはlightなのか、rightなのか。またセーバーはsaberなのか、saverなのか。light×saberならば、見た目通りの「光るサーベル」だが、light×saver…

ブレードランナーと攻殻機動隊の根差すところ

2049と2051、この二つの空想未来世界での人間と使われるモノとの関係の差は、どこからきているのだろうか、ということを『ブレードランナー2049』の感想を書いてから考えていた。 mmc.hateblo.jp ブレードランナー=2049の世界では、人間はあくまで人間のま…

映画『散歩する侵略者』でさらに呟く

いやー、『散歩する侵略者』のBL度合い凄かったわ〜〜! — Mmc (@chevre) 2017年11月8日 映画『散歩する侵略者』、床に転がった相手に上から覆い被さるような姿勢で「おれが必要だろ?」って、尾崎南先生作品ばりのBL濃度で、まったく予想外だったので脳のBL…

概念の作用・反作用/『散歩する侵略者』@アップリンク

映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 アップリンクで『散歩する侵略者』を。演技における演劇的なるものと映画的なるものについて興味深い作品だと聞き知って見に行ったのですが、わたしにとってはそれはおいといて、準主役のBL妄想…

怖くなかった……

一時期、「本当は怖い」ものが流行ったことがありました。10年くらい前かな、と思ったら……。1998年とか! 本や雑誌を参照してそれが2000年代じゃないっていうのが怖い……。 本当は恐ろしいグリム童話 作者: 桐生操 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 1…