読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

妄想

半可通の空目と妄想

出先のトイレの洗面台に置かれたスプレー缶に書かれた「shoshugen」を目にして、しばらく悩んでいた。ドイツには、ロイトリンゲン(Reutlingen)、テュービンゲン(Tuebingen)、ヘッヒンゲン(Hechingen)、ジクマリンゲン(Sigmaringen)、ドナウエッシン…

和菓子屋さんで

今週のお題「ひな祭り」 のディスプレイ。お雛様、菱餅、瓢箪は当然のことながら、巻物や盃、そして桃の枝とその花や葉、散らした花びらまでもがお菓子で作られています。 もし自分に小さな娘がいたら、来年は一式、特注したい……、と思う素敵な眺め。

わたしは 13歳

移動中にイヤホンをつけて音楽を聴く習慣がない。そしてだいたいぼんやり生きているので、ときどき空目ならぬ空耳を聞く。 最近は、電車に乗っていたら、車内アナウンスで 「I am thirteen」 と言われ、 「えっ、いきなり『わたしは 13歳』って言われても。…

誤読の楽しみ

ライトセーバー。映画『スターウォーズ』シリーズに欠かせない小道具である。 ところでこのライトセーバーのライトはlightなのか、rightなのか。またセーバーはsaberなのか、saverなのか。light×saberならば、見た目通りの「光るサーベル」だが、light×saver…

ブレードランナーと攻殻機動隊の根差すところ

2049と2051、この二つの空想未来世界での人間と使われるモノとの関係の差は、どこからきているのだろうか、ということを『ブレードランナー2049』の感想を書いてから考えていた。 mmc.hateblo.jp ブレードランナー=2049の世界では、人間はあくまで人間のま…

映画『散歩する侵略者』でさらに呟く

いやー、『散歩する侵略者』のBL度合い凄かったわ〜〜! — Mmc (@chevre) 2017年11月8日 映画『散歩する侵略者』、床に転がった相手に上から覆い被さるような姿勢で「おれが必要だろ?」って、尾崎南先生作品ばりのBL濃度で、まったく予想外だったので脳のBL…

概念の作用・反作用/『散歩する侵略者』@アップリンク

映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 アップリンクで『散歩する侵略者』を。演技における演劇的なるものと映画的なるものについて興味深い作品だと聞き知って見に行ったのですが、わたしにとってはそれはおいといて、準主役のBL妄想…

怖くなかった……

一時期、「本当は怖い」ものが流行ったことがありました。10年くらい前かな、と思ったら……。1998年とか! 本や雑誌を参照してそれが2000年代じゃないっていうのが怖い……。 本当は恐ろしいグリム童話 作者: 桐生操 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 1…

『アウトレイジ 最終章』@TOHOシネマズ新宿

アウトレイジ 最終章 - 映画特報(15歳未満は見ちゃダメ) 新宿というか歌舞伎町で見ると、ふつう仕様のシアターなのに4DX状態だったりするのだろうか……、などと思っていたのですが、誰かの電話が鳴るようなこともなく、無事に見終わりました。 前2作を見て…

『ハイジ アルプスの物語』(吹替え版)@恵比寿ガーデンシネマ

ハイジに花澤香菜!『ハイジ アルプスの物語』日本語吹替え版予告編 恵比寿ガーデンシネマで実写ハイジ吹き替え版。おんじ役が「おっぱいぷるんぷるん」アテレコ動画で有名なヒトラー役の人で最近、話題。わたしにとっては『ベルリン・天使の詩』の人。 ベルリ…

『ELLE』@TOHOシネマズ新宿

ヴァーホーヴェンっぽい悪趣味とブラックな笑いを楽しめる映画『ELLE』。どの映画を見に行こうかと、前夜に町山智浩氏の紹介音声(テキスト版はこちら>http://miyearnzzlabo.com/archives/43536)を聞いていて、「この主人公はサイコパスなのでは……?」と思…

ドッペルゲンガーの迷惑と困惑

ドッペルゲンガーはドイツ語では二重に歩く者の意味だという。見たら死ぬとか狂うとか周囲の人間と会話しないとかいう特徴があるらしい。 見たら死ぬ説に関しては、リンカーンの事例がよく引かれるが、これはドッペルゲンガーの出現ではなく、自身の葬儀の夢…

イングリッシュ・ナショナル・バレエ『海賊』@東京文化会館

これに先立つ14日の『海賊』公演後、プリンシパルに昇格したアリ役のセザール・コラレスがとにかく凄い。スケート靴履いているのではという回転速度。そして3幕の白い花たちは阿片幻想表現でも白眉なのでは、とうっとり。ところで『海賊』というと、アリ役が…

『ムーンライト』@アップリンク渋谷

ようやく見ました。いい映画ではあったけど、アカデミー賞ものか、というと、うーん……。去年のアカデミー賞白色漂白汚染からのバックラッシュなのかなあ、と思ってしまいます。腐女子なので楽しみにはしていたんですが、後半になるにつれ抒情性が鼻について…

『ゴースト・イン・ザ・シェル』@3D・字幕版・IMAX・TOHOシネマズ新宿

見る前後にこの景色が見られるのは新宿IMAXでの余禄。 【実写攻殻ネタばれ注意】 というか、そもそもバラすネタがあるのか? と既視感の嵐に思う実写攻殻ですが、まあまあ楽しめましたよ。そしていろいろと恐れていた事態は起こらなかったけど、別の事態…

トリ人間が謎である謎

例のラスコー展のトリ人間について、夫の人との会話。 夫の人「人間って不便だね」 わたし「なんで?」 夫の人「一目瞭然のはずの絵を描いても伝わらないなんて。人間が鳥になるっていったら、世界中どこでも天に昇るとだいたい同義語じゃない?」 わたし「…

特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」@国立科学博物館

駆け込みで見てきました。おやつどきに着いたらまあまあ混んでおり、それでも音声ガイドも楽しみつつ2時間強はいたかなあ。洞窟の1/10レプリカはミニチュア好きにはたまらなかった! ただ、人形の大きさなどから1/12では? という疑念も。【作品紹介】なにや…

『相棒』season13・妄想最終回

けっこうな勢いで脚本のクオリティが下がっていて、ほとんど見なくなっていたドラマ『相棒』ですが、今期の最終回は惨憺たる有様でした。熱心な相棒ファンには「地雷」と言われる脚本家担当回とも聞きますが、まさに、「なんでこうなった」状態……。ネタバレ…

うる星やつら映画版のワンシーンみたいな光景!

空耳スナイパー

男はスナイパー。いや、間の悪いスナイパーだ。 どんなふうに間が悪いかというと、たとえば、十分に下調べした張り込み場所の屋上でターゲットを待ちかまえてたら、数年に一度の水道タンク点検が上ってきたり、ゴルフ場に潜んでターゲットが近付いてくるのを…

アウトレイジ・ラビット

「あのうさぎ野郎、半月前にもうちの畑で市場に出す直前のラディッシュを半ダース、喰い散らかしやがった……」マグレガーは柄の長い熊手を振り上げて走ったせいで、がくがくする膝に手を当てながらつぶやいた。「二度あることは三度あるって言うしな、今のう…

日本SF展@世田谷文学館

来た見た買った。たぶん2時間か3時間くらいSF世界を彷徨ってました。わたしが会場に入った直後、SF嫌いのおかしなおっさん、いや、おじいさんが、わざわざ2階の展示室の入り口まで来てSFは文学じゃないとかって大声でディスってたのには閉口したけど、展示を…

第2回 昭和20年代のカラー写真を見る夕べ

仕事帰りにいぬこさんの「第2回 昭和20年代のカラー写真を見る夕べ」へ。写真は真実を写しても、人間のほうがそれを正しく受け取れるとはかぎらない、ということを実感しました。たくさん見せていただいた昭和20年代の仙台や立川、福岡その他日本各地のカラ…

ピクニック物々交換会

午前中の用事が終わってからは、サンドイッチ用のパン買って帰ってサンドイッチ作って代々木公園へ。achacoこと平山亜佐子さん主催のピクニック物々交換会があるのです。現地に近づくと、木立の中でピクニックしている三人の女性。でもその前に「雨であづま…

『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』

先日、腐女子映画を見てきました。腐女子に訴求する部分はてんこ盛りだったのですが、いかんせんベースの話がががが。腐女子である前にシャーロキアンでもあるので、納得いきません。というのも、前作は「うん、ワトソンが発表してないそういう話もあるかも…

『アンダーグラウンド』@シアターN渋谷

アンダーグラウンド [DVD]出版社/メーカー: パイオニアLDC発売日: 2001/07/21メディア: DVD購入: 1人 クリック: 275回この商品を含むブログ (109件) を見るシアターN渋谷で十年以上前に封切りで見て以来のデジタルリマスター版の『アンダーグラウンド』。相…

鼻血出そうになった…

今日、美容室で出された雑誌(VERYかSTORYだったと思う)に、ナイーブやニベアとかダヴとかのメジャーどころのボディソープのパブ記事があったのだが、これがまあエロかった。道端三姉妹の長女がその息子たちとともに映っている写真多数なのだが、長男が美形…

趣味と実益社主催 平山兎吉の婚活パーティー 〜うさきちのパートナー探し〜@茶房 高円寺書林

昨日の連休初日の土曜は、前半は同人誌なるものの体験的歴史観についてのトークショー、後半はぬいぐるみの婚活パーティというなかなかマッドなイベントに行ってきました。ぬいぐるみの婚活パーティは、うちからはあみぐるみのクマ(オス)+あみぐるみの黒…

『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』@イメージフォーラム

昨日なかなか眠れず夜更かししての映画鑑賞だったので、寝ちゃったらどうしようと思ったけど、大丈夫だった。ストーリーは意外とシンプルで、「●●なんだろうな」と思う方向は裏切られない。 それでも眠くならないのは、相変わらず人を煙に巻く感じではじまり…

2011 岡村靖幸 LIVE「エチケット」

新木場で『ぶーしゃかLOOP』でも垣間見られる中年のねっとり感が加わって、ますます濃厚になった岡村ちゃんを堪能。泣いたりしそうなのと終演後腑抜けになりそうなので、ひとりで行くと決めてたけど、2曲目のカルアミルクでいきなりこみあげてくるものが…。 …