読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

バレエに見る新型コロナとの闘い

Kバレエカンパニーの『カルミナ・ブラーナ』 特別収録版をリモートで見た。 宣伝画像ではKバレエを率いる熊川哲也が、 陶酔したように目を閉じる若き美形ダンサーと絡んでいる写真が使 われており、 BL妄想癖のある身にはかなり訴えてくるものがある。

www.bunkamura.co.jp
この作品はカール・オルフ作曲の有名曲『カルミナ・ブラーナ』 に熊川哲也が振り付け・演出したもの。 2019年の初演時のストーリーは『カルミナ・ブラーナ』 が作曲された1936年を舞台に採り、「 世の中に突如降りかかる災厄」 としてその時代に勃興したヒットラーと同名の「アドルフ」 が運命の女神によって人間界に産み出され、 悪として崩壊の限りを尽くすが、 最後には彼を産み出した運命の女神に殺される、 というものだったという。

それを今回の2021年版では、「 コロナ禍に立ち向かう世界中の人々に贈る復活へのメッセージ」 と銘打って、女神を人類に変えて再演出することで、「アドルフ」 を産み出すのも倒すのも人類としていたのだが……。 腑に落ちない。

熊川哲也は今回、この作品の「アドルフ=災厄」 を新型コロナのパンデミックに重ね合わせて舞台を作り上げようと したわけだが、となると現実を鑑みれば、「アドルフ」 を倒す人類は、カリスマダンサーひとりだけではなく、 様々な立場の人間が挑んでは敗れ、しかし最後には、 という結末になるのだろうとわたしは思っていた。「 アドルフ」役は、邪悪な笑顔と存在感が素晴らしいし。

だが実際は、「アドルフ」回収直前までさまざまな立場の人類、 天使、太陽(!)を含む自然などが「アドルフ」 に翻弄されてはいたものの、 倒す役は熊川哲也ただひとりだったのだ。

え。それってあり? 人類と悪との闘いで、その様式っていまどきあり? いろんな人が次から次に「アドルフ」に挑んで、 最後に倒れていった者たちに推されるように出てきた熊川哲也がと どめを刺す展開じゃダメなの? そりゃあ、熊川哲也ほどの天才であれば、 コロナ禍を収束させるウルトラマンのごときカリスマの存在を信じ られ、感情移入でき、表現できるのだろうが、 観客の一般人はどうだろうか。

唐突ではあるが、熊川哲也は天才である。 その履歴の中で特に目立つものを拾ってみみると以下のようになる。
1989年、16歳でローザンヌ国際バレエコンクールの最優秀特別賞のゴールド・メダルを獲得。 ローザンヌではこの年まで決選以外は拍手が禁止されていたが、 熊川哲也は予選の段階から拍手が鳴り止まず。
同年、世界三大バレエ団の一つといわれる英国ロイヤル・ バレエ団に東洋人として初めて入団、1989年9月にはロイヤル・ バレエ団史上最年少の17歳でソリストに昇進。 1993年5月には入団から4年2か月の21歳と2か月という異 例の早さでプリンシパル(最高位ダンサー)に昇進。1998年に26歳の若さでロイヤルを電撃退団、 翌1999年に自らのバレエ団であるKバレエカンパニーを創立。 ダンサーやスタッフにギャラをちゃんと払える、 生活を保証できるバレエ団として現在も存続*1

そんな天才・熊川哲也だから、 コロナ禍という巨大な敵を倒すただひとりのカリスマを、 運命の女神のかわりに据えようと思ったのかもしれない。そして、 Kバレエの作品を見る大半の人は、そんなカリスマ・ 熊川哲也のファンが大半なので、 この展開でよかったのかもしれない。

でも、作品に込められた「 コロナ禍に立ち向かう世界中の人々に贈る復活へのメッセージ」 という命題を考えると、 熊川哲也がカリスマ役として登場するとしても、 凡百の人間がコロナ禍を体現した「アドルフ」を倒そうと試みて失敗した後で登場してほしかった。 そう思うのである。なんなら「アドルフ」 に向かっていく熊川哲也のうしろで、 先に倒れた人々がバレエダンサーの空中を浮遊するような動きで守 護霊のように漂うシーンが見たかった。

あるいは、ほかのバレエ監督がこの作品を演出し、ほかのバレエ団が踊ったとき、つまり熊川哲也の手を離れて表現されたときに、この作品の真価がわかるのかもしれない。Kバレエのオリジナル作品ということもあるが、群衆役も兼ねる合唱団含め250人もの出演者で構成された舞台なので、コロナ禍で舞台を打てず弱体化しているバレエ団による上演は不可能とも思えるが……。
 

  ※「月刊暗黒通信団注文書」2021年4月号初出、一部改訂

*1: 日本ではバレエ団員として生活していけるのはほんの一握りで、 団員や関係者にチケット売りさばきノルマがあるバレエ団もあるという。

映画『羊飼いと風船』@シネスイッチ銀座


映画『羊飼いと風船』予告編

 

気付いたら一日一回上映になっていたので岩波ホールチベット映画特集の前に。階段の壁に、パンフレットに使われている蔵西さんの絵がチベット生活解説パネルとして貼ってありました。パンフレットより一つ一つの絵が大き目なので、見ごたえあり。

f:id:Mmc:20210311212240j:plainhttps://twitter.com/kuranishitenten/status/1349357759641178113?s=20

 

https://twitter.com/kuranishitenten/status/1349357759641178113?s=20

映画は、夢や信仰が生活に結びついているチベット仏教の世界。スピリチュアルという言葉で表すには生々しく日々の生活と夢や信仰が密接に繋がっています。

そんな現実とひとつながりの夢のなか、草地の向こう、風紋で楊柳生地のような砂山を子どもたちが駆けていく風景には、日本の写真家・植田正治鳥取砂丘の幻想的な作品を思い出したり。

植田正治写真集:吹き抜ける風

 

いっぽう姉妹の関係のかすかな苦みには小津みを感じたり、おじいちゃんが亡くなって家に飛び込んでくるお父さんの顔のアップの照明とカメラワークにアニメっぽさを感じたり。

最後、彼女の決断は、風船のように宙に浮いたまま。そして子どもたちが風船から目を離せないように、観客は彼女から目を逸らすことはできなくなっています。夢の中で彼女の決断を見るかもしれません。

f:id:Mmc:20210311212302j:image

 

買って帰ったパンフレットを眺めながら、日本では夢と仏教といえば明恵上人だな、などと考えています。

明恵 夢を生きる (講談社+α文庫)

明恵 夢を生きる (講談社+α文庫)

  • 作者:河合 隼雄
  • 発売日: 1995/10/17
  • メディア: 文庫
 

 

 

ドッペルゲンガー包囲網

ええ、また出ました。わたしのドッペルゲンガー

今度はしばらく会えてない友人にです。

f:id:Mmc:20210310020122j:plain
f:id:Mmc:20210310020116j:plain

 

「ついに私も会えた!!!」ってドッペルゲンガーはレアキャラか? って、レアキャラですね。「お正月に●が原宿で見た」というのは前回のドッペルゲンガー記録のこの件です。

mmc.hateblo.jp

f:id:Mmc:20210310020125j:plain
f:id:Mmc:20210310020131j:plain

 

 

ぼんやり気味だけど、信号は変わったらすぐ渡る派です。せっかちなので。あと雨に濡れるのは猫なみに厭なので楽しめません。

しかし、背が高くてメタルフレームの眼鏡にひっつめ髪って……。わたしは外では眼鏡かけないけど、わたしの要素じゃん!!! ひー! あ、「よく投稿してるペンギンの画像」はSNSにポストしてるこういう色のこと。

写真の説明はありません。

 

f:id:Mmc:20210310020128j:plain
f:id:Mmc:20210310020118j:plain


ここから以前にこのブログに載せたドッペルゲンガーの話など。

mmc.hateblo.jp

mmc.hateblo.jp

f:id:Mmc:20210310021015j:plain
f:id:Mmc:20210310021009j:plain


そう、繰り返しになりますが、わたしはわりと背が高い。ふつうに靴を履くと、ハイヒールじゃなくても175センチくらいにはなります。待ち合わせのときに便利とよく言われます。

顔は「チベット人の親戚にこういう人いる!(在日チベット人に)」「インドで似た人を見た(インド長期旅行から帰った人に)」「アイスランド人っぽい(たぶんイヌイット系の先住民のことでしょう)」「ねーねーはどこの島の人なのぉ?(沖縄居酒屋で)」と言われる顔です。えーと、ざっくり言って、大陸系?(ざっくりすぎ)

 

f:id:Mmc:20210310021018j:plain
f:id:Mmc:20210310021012j:plain

 

⑨のあたりは過去に書いたこちらのドッペルゲンガー話なので割愛。しかし、ドッペルゲンガー目撃情報、ほんとにGoogleマップとかで記録しようかな。

mmc.hateblo.jp

 

で、⑩のこれがね、ほんと困るんですよね。どこかでわたしのドッペルゲンガーに会った人が「無視された」「感じ悪い」とか思ってたらと思うと。分身の術じゃないから、わたしの代わりに仕事に行ってもらうとか、ボランティアしてもらうとかもできないし……。

ところで最近、このドッペルゲンガーの目撃頻度が上がっているのは、みんなの顔の下半分が隠れるマスクのせいでしょうか。それとも、春だし、増殖……?

 

増殖(特典なし)

春の腰痛

f:id:Mmc:20210307031946j:image

 

春の腰痛が来た。四足歩行の哺乳類だったころの痕跡か、人間の骨盤は春先と秋冬に向けての年に二回、動く仕組みになっている。春先は開き、秋冬に向けては閉じていくのだが、ぎっくり腰は実はその骨盤の開閉に連れて起こりやすい。どっちだったか忘れたか、その時骨盤は必ず片側から開いて、あるいは閉じて行くので、開ききる、あるいは閉じきるまで骨盤は左右非対称となり身体のバランスが崩れる。そのため、ぎっくり腰とまでいかなくとも、腰をいわしやすくなるのだ。これはたとえば片山洋次郎さんなどの整体の本に書いてあることである(どの本か失念しましたが、たぶんこのあたり↓)。

女と骨盤

女と骨盤

 

 

さて、わたしはここ数年、この季節の骨盤の動きに連れての腰痛が定期的に来るようになった。理由はたぶん、無理が効かない年齢になってから始めたバレエのレッスンである。バレエのレッスンにより、今までガチガチだった身体が少し可動域が広くなってきて起こっているのだと思う。それは言い換えれば、バレエのレッスンに行き始める前は、季節の骨盤の動きも感じられないほどに身体がガチガチであったということでもあるのではないかと思っている。

松浦景子のバレエあるある

松浦景子のバレエあるある

  • 作者:松浦 景子
  • 発売日: 2021/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

そう考えると、この季節の腰痛が来るとぎっくり腰に発展する可能性もあり、しばらくバレエのレッスンどころではなくなるのだが、骨盤の動く時季なのだと思って、温めて骨盤が開くのを促進しつつ、じっと待つしかないかな、とも思えてくる。

ただ、これは立っている時が一番楽で(おそらく開きつつある骨盤に上半身という重石をかけることになるため)、でもずっと立っている体力などなく、二番目は横になっていることだが、これは寝起きの動きが腰に来るのが難点、三番目は椅子に腰掛けていることだけれど、なにせ骨盤が左右非対称になっているので、気付くと脚を組んでしまって身体の歪みを助長している気にもなり、つまりどうにも身の置き所がない。そして楽とはいってもどの姿勢でも腰回りが厭ぁな感じに痛んでいるのだ。

早く開ききらないかなあ、今季のわたしの骨盤。嗚呼、コロナ禍でもなければ温泉に湯治にでも行きたいよ、とゲームの中のペンギンを羨ましく思ったりなどしている。

f:id:Mmc:20210307032024p:image

三つの『赤い靴』

f:id:Mmc:20210217013543j:image

来日予定だったのが新型コロナ禍で中止になったマシュー・ボーンの『赤い靴』を映画バージョンで見た。このご時世で以前のように隣に他人がいての映画鑑賞はちょっと控えたいというバレエ好き、映画好きが、ル・シネマでの座席を市松状に間引いての上映に殺到しているのか、それとも一日一回上映だからか、連日チケット予約は争奪戦状態。好評を受けて二月十九日からは一日三回上映決定、三月にもアンコール上映が決まった。


マシュー・ボーンの『赤い靴』 舞台が出来るまで

 

華麗な表現で語られる、芸術を生業にした時に生活とのバランスをどうやりくりするか、という泥臭いテーマは原作映画そのまま。自分がそういう方面のプロじゃなくてよかったと思わず安堵してしまうほど怖い。アンデルセンの『赤い靴』でもあり、1948年のイギリス映画『赤い靴』でもあり、バレエ・リュス抄でもある。


映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』予告編

 

ただ、帰宅して原作映画を見てみると、マシュー・ボーン版は原作よりエピソードや人物描写を整理していて、芸術のために突っ走る異常者具合が若干、マイルドになっていることに気づく。というか、原作映画は今見ると芸術は爆発ならぬ、芸術は狂気、という恐怖に襲われる。

ところでこの1948年制作の映画、日本公開はわたしが生まれるより前の1950年、テレビ放映は1971年だそうだけど、それよりあとにどこかで見た気がする……。バレエ映画特集番組とかで抜粋を見たのだろうか。そしてその時は、才能あるバレリーナであっても結婚したら主婦業に専念するのが「ふつう」という旧来の価値観にどっぷりはまっていたので、悲劇具合をよく理解できてなかったのが、2021年の今見ると、バレエ団長レルモントフより主人公と結婚して独占しようとするクラスターのほうがヤバい、ヤバすぎると寒気がする。端的に言って、ストーカー。

もちろん怖いだけではなく、貴族のパーティもバレエシーンも電車の個室の内装も南仏のホテルも万年筆などデスク回りのものも美しく調えられていて、贅沢な気分に浸れる。それと同時に日本語字幕の間から漏れ聞こえる英語のセリフ回しも、箴言的なフレーズのカッコよさが刺さる。それだけに、劇中バレエ版『赤い靴』のラストと重なる映画の結末の悲劇性がより引き立つのだった。あとレルモントフの朝食シーンは『カリオストロの城』の伯爵の食事シーンの元ネタだと思ってる。


『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』予告編

 

赤い靴  デジタルリマスター・エディション [DVD]
 

 

ところでこの二つの映画の原作であるアンデルセンの『赤い靴』は、小さい頃読んで、「そんなことで教会に入れなくする神様って狭量だな」と思ったものだが、だんだんとあれは「神の家としての教会」ではなく「人間がうごめく村社会の象徴」なのだろうな、と思うようになった。アンデルセンのこの童話の創作裏話を知って、その思いはさらに深まり確信になったとさ。

あかいくつ (いわさきちひろの絵本)

あかいくつ (いわさきちひろの絵本)

 

 

 

鬼のような速さで

今週のお題「鬼」で思うのは、新型コロナとそれへの研究や対応の猛スピード具合。あっという間に古びてしまうだろうから、コロナ禍下をテーマにした創作SFは薄い本にするつもりなく、ブログ以外ではサークルの月報のようなものに専ら載せているのだが、それにしても設定に追いつかれるのが速い。

12月末に『コロナ禍下での生活:近未来編』では、「そういうこともありうる」と思って書いた変異株が書き終えてすぐにニュースになり、今日さらにまた変異していることが報道された。

www.bloomberg.co.jp

同じ作中に書いた「電車内コクーン」も、似たような発想の実証実験が始まった。

www3.nhk.or.jp

ところでSF作家はこの「コロナ禍現実追い付かれ問題」とどう向き合っているのだろう。作家「よし、入稿!」、編集「先生、変異株発生したのですが、ワクチンで撲滅エンドどうしますか?」、作家「お、おのれコロナめ……!」みたいなドタバタが現場ではやっぱりあるのかなぁ。

 

固定電話の保留音

先日、問い合わせることがあってかかりつけ医のクリニックに電話した。クリニックは耳鼻科なので、今の時期は花粉症対応で忙しい時期だ。なので、受付の人が電話を取るまでの呼び出し音も、かかりつけ医に代わるまでの保留音もいつもより長く聞いた。

保留音はよくあるタイプのメジャーなクラシック曲の電子音バージョンだ。ただ、録音されたそれが何度も繰り返し使われて、音程がずれているような音であった。ここの電話の保留音、こんな音だったっけ? 前に電話したときの保留音がちっとも思い出せない……。そう思ううちにフレーズが五巡くらいして、かかりつけ医が出た、と思ったら謝罪の形の愚痴が放出された。

「すみません、電話を買い替えたらこんな音程の狂った保留音で」

「最近はみんなケータイだから電話会社が真面目に作らないんですよ。前のはよかったんですが」

ちなみにかかりつけ医はオペラ歌唱を長年習っているクラシック音楽好きで、わたしとはバレエやクラシック音楽の話をする仲である。だから新型コロナと花粉症由来の多忙にプラスして、買い替えたら思いがけずひどかった固定電話の保留音への憤懣をこぼしてしまったのだろう。

しかし、かかりつけ医が「あ、ところで今日は何でしたっけ」と、我に帰るまでの勢いは、保留音をちょっとでも聞いてしまった人すべてに放たれかねない感じだったのであった。新型コロナで他者と話す機会が激減していることも関係しているのかもしれないが。

f:id:Mmc:20210126010413j:image