読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

三つの『赤い靴』

f:id:Mmc:20210217013543j:image

来日予定だったのが新型コロナ禍で中止になったマシュー・ボーンの『赤い靴』を映画バージョンで見た。このご時世で以前のように隣に他人がいての映画鑑賞はちょっと控えたいというバレエ好き、映画好きが、ル・シネマでの座席を市松状に間引いての上映に殺到しているのか、それとも一日一回上映だからか、連日チケット予約は争奪戦状態。好評を受けて二月十九日からは一日三回上映決定、三月にもアンコール上映が決まった。


マシュー・ボーンの『赤い靴』 舞台が出来るまで

 

華麗な表現で語られる、芸術を生業にした時に生活とのバランスをどうやりくりするか、という泥臭いテーマは原作映画そのまま。自分がそういう方面のプロじゃなくてよかったと思わず安堵してしまうほど怖い。アンデルセンの『赤い靴』でもあり、1948年のイギリス映画『赤い靴』でもあり、バレエ・リュス抄でもある。


映画『マシュー・ボーン IN CINEMA/赤い靴』予告編

 

ただ、帰宅して原作映画を見てみると、マシュー・ボーン版は原作よりエピソードや人物描写を整理していて、芸術のために突っ走る異常者具合が若干、マイルドになっていることに気づく。というか、原作映画は今見ると芸術は爆発ならぬ、芸術は狂気、という恐怖に襲われる。

ところでこの1948年制作の映画、日本公開はわたしが生まれるより前の1950年、テレビ放映は1971年だそうだけど、それよりあとにどこかで見た気がする……。バレエ映画特集番組とかで抜粋を見たのだろうか。そしてその時は、才能あるバレリーナであっても結婚したら主婦業に専念するのが「ふつう」という旧来の価値観にどっぷりはまっていたので、悲劇具合をよく理解できてなかったのが、2021年の今見ると、バレエ団長レルモントフより主人公と結婚して独占しようとするクラスターのほうがヤバい、ヤバすぎると寒気がする。端的に言って、ストーカー。

もちろん怖いだけではなく、貴族のパーティもバレエシーンも電車の個室の内装も南仏のホテルも万年筆などデスク回りのものも美しく調えられていて、贅沢な気分に浸れる。それと同時に日本語字幕の間から漏れ聞こえる英語のセリフ回しも、箴言的なフレーズのカッコよさが刺さる。それだけに、劇中バレエ版『赤い靴』のラストと重なる映画の結末の悲劇性がより引き立つのだった。あとレルモントフの朝食シーンは『カリオストロの城』の伯爵の食事シーンの元ネタだと思ってる。


『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』予告編

 

赤い靴  デジタルリマスター・エディション [DVD]
 

 

ところでこの二つの映画の原作であるアンデルセンの『赤い靴』は、小さい頃読んで、「そんなことで教会に入れなくする神様って狭量だな」と思ったものだが、だんだんとあれは「神の家としての教会」ではなく「人間がうごめく村社会の象徴」なのだろうな、と思うようになった。アンデルセンのこの童話の創作裏話を知って、その思いはさらに深まり確信になったとさ。

あかいくつ (いわさきちひろの絵本)

あかいくつ (いわさきちひろの絵本)

 

 

 

鬼のような速さで

今週のお題「鬼」で思うのは、新型コロナとそれへの研究や対応の猛スピード具合。あっという間に古びてしまうだろうから、コロナ禍下をテーマにした創作SFは薄い本にするつもりなく、ブログ以外ではサークルの月報のようなものに専ら載せているのだが、それにしても設定に追いつかれるのが速い。

12月末に『コロナ禍下での生活:近未来編』では、「そういうこともありうる」と思って書いた変異株が書き終えてすぐにニュースになり、今日さらにまた変異していることが報道された。

www.bloomberg.co.jp

同じ作中に書いた「電車内コクーン」も、似たような発想の実証実験が始まった。

www3.nhk.or.jp

ところでSF作家はこの「コロナ禍現実追い付かれ問題」とどう向き合っているのだろう。作家「よし、入稿!」、編集「先生、変異株発生したのですが、ワクチンで撲滅エンドどうしますか?」、作家「お、おのれコロナめ……!」みたいなドタバタが現場ではやっぱりあるのかなぁ。

 

固定電話の保留音

先日、問い合わせることがあってかかりつけ医のクリニックに電話した。クリニックは耳鼻科なので、今の時期は花粉症対応で忙しい時期だ。なので、受付の人が電話を取るまでの呼び出し音も、かかりつけ医に代わるまでの保留音もいつもより長く聞いた。

保留音はよくあるタイプのメジャーなクラシック曲の電子音バージョンだ。ただ、録音されたそれが何度も繰り返し使われて、音程がずれているような音であった。ここの電話の保留音、こんな音だったっけ? 前に電話したときの保留音がちっとも思い出せない……。そう思ううちにフレーズが五巡くらいして、かかりつけ医が出た、と思ったら謝罪の形の愚痴が放出された。

「すみません、電話を買い替えたらこんな音程の狂った保留音で」

「最近はみんなケータイだから電話会社が真面目に作らないんですよ。前のはよかったんですが」

ちなみにかかりつけ医はオペラ歌唱を長年習っているクラシック音楽好きで、わたしとはバレエやクラシック音楽の話をする仲である。だから新型コロナと花粉症由来の多忙にプラスして、買い替えたら思いがけずひどかった固定電話の保留音への憤懣をこぼしてしまったのだろう。

しかし、かかりつけ医が「あ、ところで今日は何でしたっけ」と、我に帰るまでの勢いは、保留音をちょっとでも聞いてしまった人すべてに放たれかねない感じだったのであった。新型コロナで他者と話す機会が激減していることも関係しているのかもしれないが。

f:id:Mmc:20210126010413j:image

原宿ドッペルゲンガー

これまでこのブログでは何度かわたしのドッペルゲンガーについて書いてきた。これまでのドッペルゲンガー体験が多すぎるせいで、ドッペルゲンガーはわたしにとって、怖いというより迷惑な存在となっている。

mmc.hateblo.jp

が、このプチムカ*1気分をドッペルゲンガーも感じ取っていたのか、ここさいきんは周囲の人によるわたしのドッペルゲンガー体験を聞くこともなかった。新型コロナでみんな引き籠っているということもあったのだろう*2

そう、「あった」。つまり、また出たのである、ドッペルゲンガーが。それも今回は、これまでわたしのドッペルゲンガー体験を半信半疑、いや2.5信7.5疑くらいしていた夫の人が遭遇したのである。

状況はこうである。夫の人とわたしは原宿にある耳鼻科に花粉症でかかっている。春の花粉症の治療はいつも一月に始めるので、夫の人はある日、午前中の診察時間に間に合うように出かけた。なお、わたしは午前中に起きるとか、また午前中にどこかへ出かけるというのは無理な夜型の生活習慣で、その日も夫の人が出かける時には布団の国にいた。

しかし、出かけて行った夫の人がJR原宿駅に降りると、なぜかわたしにそっくりな女性が歩いていたというのである。とはいえコロナ禍下でその女性もマスクはしているわけだが、マスクをしていたって妻が歩いているようにしか見えず、「え? まだ家でぐーぐー寝ているはずでは?」と思わず凝視してしまったという。それくらい髪型や着ているもの、靴、身長などもふだんのわたしに似通っていたということだろう。

だが、わたしよりずっと細かく映画やバレエを見る夫の人の凝視の結果、その女性のアイメイクはわたしやわたしの世代ではなく、さいきんのもっと若い女性の世代のラメ使いであったので、夫の人はようやくそれがドッペルゲンガー、あるいはわたしのそっくりさんだと理解したという。

これはなかなかたちが悪い。なにせ毎日、顔を突き合わせている人間が見紛うようなドッペルゲンガー。わたしの名前を騙って詐欺でも働かれたら、言い逃れできる自信がない。その女性がこれまでわたしの周囲の人々が見かけたわたしのドッペルゲンガーと同一人物かは不明だが、これまでドッペルゲンガー体験に遭遇したり聞いたりするたびにうっすら感じていた不安は、こういうものだったのだと思う。

かくなるうえは、わたしも善く生きる努力をするので、わたしのドッペルゲンガーさんたちにも善く生きてくれるよう、祈るしかない。

*1:怒るほどではないがムッとするよりは怒り方向にベクトルが向いたちょっとムカつく状況。

*2:とはいえ職場の同僚によるドッペルゲンガー体験もあったので油断はできない。ドッペルさんに出逢ったら - 読んだり食べたり書き付けたり

天使と社畜

岸壁の下、うつ伏せで浮かぶサンタクロースを見下ろしてトナカイのルドルフは叫んだ。

「これで解放されるぜ! 野生動物なのに社畜にされるのも、もう終わりだ!」

同僚のトナカイであるダッシャーが呼応する。

「楽しい秋に、休日返上でおもちゃや材料を工場に運ぶ毎日も、もうたくさんだ!」

ほかのトナカイたちも唸るように吠える。

「帰ろう、北に」

だが北のサンタクロース基地に戻ると、なぜか斃したはずのサンタクロースがトナカイたちを出迎えた。

「げえっ、な、なんで?」

慄くトナカイたちにサンタクロースは言った。

「サンタクロースっちゅうんは概念だからのう。お前たちが殺したのはわしのガワじゃよ」

(くそっ、これで野生に帰れると思ったのに)

(ガイネンってなんだ? とにかくこいつも殺るしかないな)

トナカイたちが目で会話していると、突然空が明るくなり、天使があらわれた。

「おやめなさい、あなたがたの罪が増えるだけです」

トナカイたちの間に、もはや人間のかたちのものというだけで天使への怒りが迸る。

「んなこと言ったってこの秋から十二月の労働環境どうにかしてくれよ!」

すると、天使が脇に抱えていたファイルを開いて言う。

「年間平均に均せば、法律の範囲内です」

天使の開いたファイルの裏表紙には、PAS0NAの文字が入っていた。

f:id:Mmc:20210117161955j:image

※フィギュアのお手入れで埃取りをしながらの妄想です。

共同祈願のからくり

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

f:id:Mmc:20210116131517j:image

お題を読んで思い出したことがある。わたしが幼稚園児の頃に父に連れられてプロテスタントの教会の礼拝に行ったときのことだ。わたしの実家はカトリックだが、父はキリスト教哲学者だったので、プロテスタントの交友関係があった。その関係で礼拝に行ったのだと思う。

どのプロテスタントの教会もそうなのかはわからないが、その教会の礼拝にはカトリック教会のミサと同じく、「共同祈願」のコーナーがあった。カトリックではこのコーナーでは最近亡くなった教会員のために祈ったりするのだが、そのプロテスタントの教会では違った。いがみ合っている信徒二人の公開喧嘩の場と化していたのだ。

信徒Aが「信徒Bさんの八方美人な態度が教会に混乱をもたらしていることを、主よ、赦したまえ」といえば、信徒Bが「主よ、信徒Aさんの頑固さを取り除きたまえ」と返し、信徒Aがさらに「おお、主よ、信徒Bさんのために捧げる祈りを聞き入れたまえ」とかぶせ、信徒Bが「皆さん、祈りましょう、信徒Aさんの頑固さが取り除かれますように」と煽る。

カトリック教会の「共同祈願」の係が回ってくると、わたしは周りに合わせていかに「良い子」な祈願を述べるか当時から苦心惨憺していたので、このプロテスタントの教会の「共同祈願」にはかなり驚いたことを覚えている。家族も同様だったようで、それ以来、手の施しようのない人について「祈りましょう、◯◯さんのために」と言う冗談が家庭内で流行ったくらいだ。

ずっとあと、大人になって気付いたのは、あのプロテスタントの教会の信徒AとBは、当時流行っていた全共闘の「総括」を「共同祈願」に持ち込んだのかもしれない、ということだった。カトリックでさえ、フォークギターの伴奏で歌う聖歌(プロテスタントでいう讃美歌)が流行ったくらい、当時の学生パワーは影響力があったので。

それに気付いた自分を、「大人になったな、あの頃に比べて」と思ったことを思い出したのだった。

 

人間らしい生活、それは「暇」。ギ哲は正しい

時短勤務がまた始まりそうです。一か月で元の体制に戻すのは無理があると思う感染拡大状況だけれど、どうなるのでしょうね。けれど、時短勤務でまた生活時間がずれまくっていくのだろうな……、という予感がひしひしと迫ってきます。時短なのに、なんで?と思うでしょうが、それはつまり、こんな感じなのです。

遅く行って、仕事が終わり次第(できるだけ)早く帰る

早く帰れても寄るお店がない

 ↓

なら早く帰って早く寝られるのでは?

 ↓

STAY HOMEの人向けにパリ・オペラ座、英ロイヤルバレエなど、世界中の名だたるバレエ団がメジャーなクラシック作品から稀少なコンテンポラリー作品まで様々な映像を有料・無料で放出。公開時間限定だと時差の関係で徹夜。でも遅く行くから朝6時前まで鑑賞してても平気~!

 ↓

ぜんぜん早く寝ない。むしろ出社時間も遅く行く時間ギリギリを攻めるくらいに……

 

ともあれ、時短勤務で隙間時間とはいえ暇ができるのは確かで、そこで小人閑居して不善を為す、くらいなら、美しいものを鑑賞していたほうがマシだと思うのですよね。その意味で、人間らしい生活とは「暇」がある=自由に使える時間があることとしたギリシャ哲学勢は正しいと思うのです。その暇が奴隷労働に支えられていたとしても……。

 

というわけで有料ですが新国立劇場バレエ団の『ドン・キホーテ』がこの一月十五日まで、『くるみ割り人形』が一月十五日から二月十四日までウェブ公開されます。

 

www.youtube.com

chicoissyo.com

 

www.youtube.com

www.nntt.jac.go.jp

一月十一日の新国立劇場バレ団のニューイヤーバレエ生ライブ配信が素晴らしかったので、こちらも期待!

www.youtube.com

 

https://thttps://twitter.com/nntt_ballet/status/1348542343658360836?s=20witter.com/nntt_ballet/status/1348542343658360836?s=20