読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

マシュー・ボーンの『スリーピング・ビューティー』

www.hmv.co.jp

 

喉を悪くしてバレエのレッスンは諦め、薬湯を飲みつつ、BDを買ったはいいけど見てなかったマシュー・ボーンのスリーピング・ビューティーとそのメイキングを鑑賞。
あらすじを読んで、メリーベルを身分違いのエドガーが迎えにくる話かと思いきや、全然違いました! 二転三転してほんとにハッピーエンドになるの? とハラハラ。

 

『ポーの一族 プレミアムエディション』 (下巻) (コミックス単行本)

 

姫が長くつ下のピッピのようにやんちゃすぎてどうしよう? って感じで、原作のバレエやディズニーの眠り姫のイメージ全くなし。もともと魔女が作り出すか産み出すかして王家に与えた娘だと思えば当たり前なのか。

 

m.youtube.com

 

そうなると魔女の息子との血の婚姻は近親相姦になってしまうのでは? というか、あれはほんとに花嫁にするつもりなのか、生贄にするつもりなのか、どっちだったのだろう。招待客の反応は生贄のおこぼれ目当てに見えたけど。あと、花嫁の無表情が『カリオストロの城』の結婚式シーンを思い出させる。

 

ルパン三世 カリオストロの城 [4K ULTRA HD] [Blu-ray]

 


けど、姫が魔女の産んだ娘なら、観客は元気な猟番の血を入れた魔女の代替わりを見届けたということなのでは……。姫だけ顔が変わらないのも、彼女が魔女の正統な後継者だった、ということなのかも。

 

www.youtube.com

 

衣装や美術も相変わらず一部の隙もなく世界観を表してして素晴らしい。赤ちゃん人形も、白人の赤ちゃんの気味悪さがちゃんとある。サモワールでお茶を飲んでいたり、王妃役のファッションがロシアっぽかったりは何を表してるんだろう? 百年経つまで猟番はどうやって生きてきたの? とかは気になるところ。

 

メイキングは輸入盤のため字幕なし。拾い読みならぬ拾い聞きしたなかで興味深かかったのは、マシュー・ボーンが音楽について「ディズニーのメアリー・ポピンズのチムチムチェリーみたいな効果を発揮させたい」というようなことを言っていたこと。あと録音環境や練習スタジオが古い建物の中をリノベーションしたところで行われていたのが素敵。そこでマシュー・ボーンが振り付けを演出していくのもまた素敵。あ、あのベルトコンベアはこの幅で設置してあったのか! とかそういう舞台装置への謎解きも楽しい。

あと、映像でも「ドリアン・グレイの肖像」とか、日本未公開の男パドドゥがいくつもあるみたいで、腐女子マーケット目当てに興行したらいいのにと思ったり。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』@新宿武蔵野館

www.youtube.com

平日でサービスデーでもないのに、新宿武蔵野館はけっこう入ってました。バレエファンではない、ソ連クラスタというか、ロシア語クラスタのご老人がちらほらいたのが興味深かったです。「久しぶりにロシア語聞いたよ~」なんていう会話をしているおじいさまが、もう一人のお連れさまには英語で話してたり。

わたしにとってはバレエ映画というより、懐かしのジョン・ル・カレあたりの東西冷戦スパイもののような緊迫感。ファッションの時代考証はもちろん、空港ロビーの椅子、パリの街を走るクラシックな車たちも「あの時代」を再現しています。

わかりにくいと批評されていた時間の交錯は、ぜんぜんわかりにくくありませんでした。ソ連という国家に縛られていなくても、人生の重要な転機には、あんなふうに過去の転機が思い出されるのはふつうのことだと思うし。時間の交錯ということでは、エンドロールで実際のヌレエフが海賊のアリを踊る映像のあとに、そのシーンの音楽がかかったりと時間差で揺さぶられました。

 

www.youtube.com

ルドルフ・ヌレエフの亡命シーンは、もうとにかく怖すぎました。フランス側も手慣れてるのがまた……。中学くらいまでソ連や中国などの共産圏の大国に抱いていた恐怖のイメージがまざまざと蘇ります。

というのはわたしの祖父は国立大で化石を掘る仕事をしていた関係で、国交正常化後からすぐ中国やソ連含む世界中の大学との共同発掘に出かけていたのですが、中国とソ連の滞在中の自由のなさ(と、一般人民のやる気のなさ)について、幼少時、祖父がほかの大人に話すのを繰り返し聞いていたのです。「ありゃあ、うっかり化石のかけらでも空港の荷物チェックで見つかったら、帰っちゃこられないよ」という冗談めかした言葉と共に。

 

youtu.be

そんなわけで亡命シーン後は緊張と弛緩で涙。ここではまだ感動する余裕はありません。エンドロールで実際のヌレエフがバレエ『海賊』のアリを踊った映像のあとに、そのシーンの音楽がかかったりと時間差で揺さぶられたあたりで、急に込み上げるものが。でも自分が何に感動しているのか、ぜんぜん言葉が見つからない。終映後、入ったトイレ内に貼ってある森下洋子さんのコメントが、その言葉にできない自分の気持ちに6割くらいフィットしていて、しばらく個室内で泣いてしまいました。

ほかにも、冒頭からキーロフ(今のマリインスキー )バレエ団がパリに到着してヌレエフが一人で(でも離れたテーブルで監視付きで)カフェでの時間を過ごすあたりまでで彼が漂泊する魂を持って生まれてきたことがはっきり示されるところや、少数民族出身で不利益を被っていることをうかがわせるところも中国とチベットを思い出してつらかったり(なんだかんだ言ってロシアのバレエはいわゆるロシア人的な容貌が重視される世界だし)、バレエ団に付いてきたKGBの脅しの言葉から現在のチベット人の状況が思い出されたりとか、嗚咽の理由はたぶんいろいろ。

そんなわけで、動揺し過ぎて森下洋子さんのコメントが載っているだろうパンフレットを買わずに出たのもあり、また渋谷あたりで見直そうと思います。ピエール・ラコットの頼れる兄貴っぷりをもう一度見たいし、今度は少しは平静な気持ちで見られると思うから。

 

www.youtube.com

罪深き不正:神学者が神学者とその論文を捏造

神学者神学者とその論文を捏造」って、な…… 何を言っているのかわからねーと思うが、おれも 何を読まされたのかわからなかった……。

神学者カール・レーフラーは、

存・在・し・な・い・ッ……!!!

 

www3.nhk.or.jp

 

いや、東洋英和の院長の研究不正の話なんですけどね。調査PDFが東洋英和女学院大学のサイトに上がっているのですよ。それを見るといろいろな疑問が湧いてくるのです。調査PDF自体は、多少論文を書くことを知っていたら、かなり興味深く読めるものです。不謹慎だけど、推理小説のように面白い。

捏造に関しては昨秋にご本人が「資料は捏造指摘者が想定する人物とは異なる人物から入手した。その人物の了解が得られたので公表したい」とか宣ってたので、埋もれた資料や論文が発見されて終わりになればいいですね、と思っていたけど、タイプライターで荒っぽく捏造のうえ、盗用までとは。

 

www.toyoeiwa.ac.jp

 

それにしても、いくつかの論文を基に捏造した論文タイトル「カール・バルトの神学にとってのニーチェ」をなぜか失念して、自分の論文中では「今日の神学にとってのニーチェ」としてしまったのはなぜなのか。

というかわたしもドイツ語には明るくないのですが、「カール・バルトの神学にとってのニーチェ」なら「Nietzsche fuer Karl Barths Theologie 2」ではなく「Nietzsche für die Theologie von Karl Barth 2」とかになるのでは? およそドイツ人の書くドイツ語ではないというか、ドイツ語を知ってる日本人の書き方っぽいように見えるし、論文、それも神学論文のタイトルにしてはラフすぎるような。

あと、Karl Barth に「s」が付いているのもよくわからない。英語の「's」じゃあるまいし。日本語名で「2」が抜けているのも不明。待てよ、じゃあ「1」も作成してたのだろうか。「die」が抜けてるのは、うーん、ぎりぎりアリかな?

 

そして盗用するのに捏造論文の元ネタの一つの論文の邦訳書から引用してしまっているのも詰めが甘いなと思う。まあ論旨が破綻しないようにするとすれば、そうせざるを得なかったのだろうけど。

でも、調査委員会にドイツ語のウムラウトが打ち出せないタイプライターで捏造した当該論文を提出したのも、家計簿と偽って科学アカデミー分科会の手書き議事録を提出したのも、悪あがきにしても不可解。そんなの調査委員会にドイツ語読める同業者が含まれるだろうし、すぐバレるだろと思うのだが。

そもそもキリスト教神学者として、神以外のものが人(存在しない神学者)を作ってはいけない、とは思わなかったのだろうか、というのは冗談だけど、東洋英和のトップである院長という立場に50代半ばで昇りつめてるのに、こんな罪深い捏造をしなければならなかったのは、なぜなんだろう。早急にわかりやすい賞を取るような業績が必要な、なにか理由でもあったのだろうか。

 

それにしても研究不正の何が罪深いかって、研究不正した人物の過去の業績も調査する必要があったりして、当時は学生だったような無関係な研究者が駆り出されたりとかすると、その間、その分野の研究がstuckするんですよ。つまり関連学会の研究の進化と深化を止めてしまうんですよ。キリスト教神学ファンとしてふざけんなって気持ちです。

肉好き&ヴェジタリアン夫婦のなれそめは?

今月は激務、というか今年に入ってから激務で、チベット正月にチベット料理店にも行けてなかったのですが、今日の休みは時間が取れて、チベット人書家と夫の人とチベット料理店タシデレで晩ごはん。二人は英語で話すので、わたしはたぶん話してる内容の1/2〜1/3くらいしか理解できてない。そもそも英語に慣れてないので、食べ始めると聞き取りが疎かになるし。

search-ethnic.com

が、莫高窟で発見されたテルマ(埋蔵経)や壁画の話になるとわかる。特に興味のある内容だからか? そして莫高窟のお宝が、死海文書みたいに偶然発見された話は、とても面白かった!莫高窟の壁画や仏像については、ぜひ「dunhuang caves silk road」でグーグル画像検索などしてみてください。

しかし、その話の発端になった、「なぜお肉が欠かせない系のチベット人書家がヴェジタリアンと結婚したのか? 奥さんは最初からヴェジタリアンだったのか?」などは謎のまま。ゴールデンウィーク中にお宅訪問するので、そのときに聞いてみたい。なお、なれそめから莫高窟の話の流れはこういう感じでした。

 

・お肉必須のチベット人書家がなぜヴェジタリアンの妻と結婚したの?

莫高窟から発見されたお経を解読して復刻するプロジェクトで、ぼくが筆写する仕事をしていて、のちの妻(たぶんカナダ人)がそれを英訳する仕事をしていたんだよ。

・で、その莫高窟でお経や壁画が発見された経緯が面白くてね、旅の商人が莫高窟の洞穴の一つで休んで煙草を吸ってて、吸い殻を壁の穴に押し付けたらそのまま中に落ちて行っちゃったんだ。そこを掘ったらお経が出てきた。

・そこから英米仏日中の図書館や研究機関による大々的なお経の解読作業が始まったんだけど、なにせ古いから書体が現代チベット語と違う(たとえばフランス語のアクサン・テギュのところがアクサン・グラーヴになっているような感じみたい)。そんなわけで現代のお経やテキストと突き合わせて4年がかりのプロジェクトになったんだ。

ちなみに莫高窟敦煌にあるわけですが、敦煌をdunhuangと読むのを今回、この話で初めて知りました。夫の人は「じゃあ君は現代チベット文化の生き字引なんじゃんか!」といたく感激していました。チベット人書家の彼については↓こちらを。

www.facebook.com

今年もチベットピースマーチを行いました

いつも渋谷や六本木、新宿だったのですが(ピースマーチ前に抗議の声を届ける中国大使館が麻布税務署近くなのもあり)、今年は三月九日に浅草で行いました。雷門前を通るコースでした。

 まずはピースマーチ前の中国大使館前抗議の様子から。

https://twitter.com/SFTJapan/status/1104564760392040449

 

 

 

 

 

浅草なので、海外からとおぼしき観光客の方々が写真や動画を撮っていました。ぜひ拡散していただきたい!

 

NHKの取材により、BS1の国際報道2019で五分ほど流れた「“動乱”60年 日本で暮らすチベットの人たちの思い」が動画で見られます。

www6.nhk.or.jp

NHKはほかにもチベットの宗教都市、ラルン・ガルがいまどうなっているのかも取材されています。四月五日まで、以下のサイトで課金すれば見られます。

この番組についてのご注意
許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。」

が気になりますが……。

 

www.nhk-ondemand.jp

なお、今回のチベット民族蜂起60年について、くわしくは以下のリンク先をお読みください。

 

さいきん見た映画

三月は忙しさのあまり、読書は進まないしバレエのレッスンは二回しか行けなかったしブログも更新してませんでしたが、映画はときどき見てました。

 

『翔んで埼玉』


《茶番劇アワード》エントリーNo.4 そこらへんの草でも食わせておけ編 (映画『翔んで埼玉』大ヒット上映中!)

二回見ました。

一回目は公開された週の土曜、もともとマンガやアニメ好きでゆるくつながっている仲間六人で。いやー、映画鑑賞楽しかった! あらすじだけ聞いたら「なにそれ?」になるところを隅々までやり切ってるのが凄い! 澁澤龍彦の「もっと幾何学的精神を! と私はいいたい。明確な線や輪郭で、細部をくっきりと描かなければ幻想にはならないのだということを知ってほしい」を想起しました。‬

幻想文学新人賞のこと : 東雅夫の幻妖ブックブログ

ただ、見た劇場は物販が乏しく、一番欲しかった通行手形がない〜! 箱から出さないとわからないものも見本なしでやる気なし。シラコバト印煎餅ポーチは迷ったけど、売り場のそのやる気のなさに買い控えてしまった。そこらへんの草味ポテトもないし! もう一度夫の人と見に行く劇場に期待!

cinema.ne.jp

が、その後そこらへんの草味はごく限られた劇場にしかないことを知り、またそこらへんの草味のある劇場は郊外で、さいきん仕事で長時間かけて郊外に行っていて郊外アレルギー(それこそこの映画の世界……)な夫の人がいやがったので、二回目はおとなしく都心のシネコンに見に行きました。

二回目だといろいろ落ち着いて見られるのでいいですね。しかし鑑賞後、伊勢谷友介GACKTのあのシーンを夫の人に「おっさん同士じゃん」とばっさり斬られ、「こいつは単に女子なだけでBL民ではないのだな……」と白目に。

なお、新装版の『翔んで埼玉』はもともと持っていますが、今回関連本をいろいろ買いました。これから読みます。いや、仕事が落ち着いたら読みます……。

 

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック

【映画パンフレット】翔んで埼玉 監督 武内英樹 キャスト 二階堂ふみ, GACKT, 伊勢谷友介, ブラザートム, 麻生久美子, 島崎遥香, 成田凌,

ユリイカ 2019年3月臨時増刊号 総特集◎魔夜峰央 ―『ラシャーヌ! 』『パタリロ! 』『翔んで埼玉』…怪奇・耽美・ギャグ―

 

 

ヴィクトリア女王 最期の秘密』


ヴィクトリア女王が愛した離宮など本物にこだわったロケ/映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』特別映像

うーん、すっきりしない。インド人が見たらどう感じるだろう? アジア人の立場からは微妙な鑑賞感でした。

 

 

『七つの会議』


及川光博 - 七つの会議 (Special Program) (Feb 1, 2019)

野村萬斎の怪物っぷりが堪能できる映画。それを目的に行ったんだけど、てっきり途中で消えちゃうプレッシャーに弱い胃弱社員だと思ってたミッチーが、最後まで一貫して語り部的な役割なのは、ミッチーファンとしてうれしかった。というかミッチーは女装して気弱な先輩OLとして、OL凸凹コンビやってもよかったんでは。
あと野村萬斎に限らず、出てくる人々のアクが強くて、見てる間はサラリーマンBL妄想の出る隙がなかった。

 

 

・おまけ


『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』予告編

 

『翔んで埼玉』を見に行ったときに見たこの予告編、もう脳が腐っているので「葵が選んだ恋の結末は?」という最後の言葉に「イケメンBLを応援する」と即答したくなってしまった。

監督、もう実写はやめて……

押井守監督がまた悪あがきを始めました。

最新作はなぜか低予算の実写映画

低予算でもまだ押井守の実写映画に出資する人がいるのか?

人気タレントに頼らず、オーディションで選んだ新人をワークショップで鍛え上げ

なぜ、『紅い眼鏡』『トーキング・ヘッド』などなどの、昔から不発を招きがちなこの小劇場的スタイルを捨てられないのか?

押井たちの新たな挑戦と試行錯誤

新たな挑戦、なの? また繰り返しじゃないの? 監督自身が『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』的状況から抜け出せてないんじゃないの? というか、近年の実写作品『ガルム・ウォーズ [DVD]』に至っては自己劣化コピーになってなかったっけ?

 

www4.nhk.or.jp

なお、ナレーションは監督の盟友と言ってもいい声優・千葉繁というのを見て、34年来の押井信者の妄想、発生。

 

「マモルちゃ~ん、なんでまた実写なのよ。どうせあんたの信者しか見に来ないでしょーが」

「いや、アニメで得た知見を実写に移植し」

「それで観客動員数、伸びたの?」

ぐぬぬ……」

「新人をワークショップで鍛えて、とかいって、三流アイドルかなんかなんでしょ? 『ガルム・ウォーズ』の前の『東京無国籍少女』だっけ? あれとどう違うの?」

「あれはリメイクだったし」

「リメイクっていったらあんた、しょっちゅう自分の作品、リメイクしてるようなもんじゃないの」

「そんなことはない。『ガルム・ウォーズ』だって過去、頓挫した計画をようやく実現させたんだし」

「その割には鳴かず飛ばずだったような気がするケド?」

「し、神話的なSFっていう題材が早すぎたんだよ」

「ふーん、その割にはクライマックスのアレ、聖書原理主義者や正統派ユダヤ教徒が見たら眉を顰めそうな雑な借り物っぷりだったケド? 女の子も『アヴァロン』からでしょ? あっちは北欧神話なのに、混ぜたら危険じゃない?」

「……」

「あ、もしかしてNetflixの実写版『人狼』がけっこう評判よかったから嫉妬しちゃった? でもねぇ、あれは原作と違って南北統一の明るい未来って基調に変えたからこそだと思うけど、マモルちゃんそういう明るいハナシ、撮れるの?」

「うるせえ! オトナでも失敗するし、失敗してもいいって番組見た若いやつが思えばそれでいいんだよ!」

「あ、や~っぱ失敗してるって自覚は、あるんだ?」

 

ちゅど~ん!

 

「(黒焦げになりながら)図星、か」