読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

ニマ・ラモ講演会と浴衣

◆ニマ・ラモ初来日トークイベント ~姪が語るテンジン・デレク・リンポチェ事件~

七月十六日の祝日は、獄中死した高僧である叔父、テンジン・デレク・リンポチェの、無実と死因究明を求めるチベット人女性、ニマ・ラモさんの講演会でした。今回も石濱先生がブログに記録してくださったので、こちらをお読みください。

 

 

当日は質疑応答コーナーで、石濱先生のご質問で、リンポチェのご遺体もお遺灰も家族のもとには戻ってこず、行方不明ということもわかりました。わたしは司会でしたが、12日のスピーチよりも時間が長かったのもあり、よりくわしい状況を知り、涙ぐんでしまいました。

 

mmc.hateblo.jp

なにしろニマ・ラモさんは、ただ自分の叔父が無実の罪で拘束されて亡くなったから、ということではなく、チベット中でこのようなことが繰り返し起きていることを憂え、世界にチベット人が中国政府によって抑圧されている実態を訴えるために、自分の家族を残して黙って亡命してきたのです。

昨年、亡命してきたときに別れたお子さんは、いま七歳とのこと。親御さんは心臓が悪いので、一緒に亡命したくともできないとのこと*1

 

唐突ですが、いま、神保町の岩波ホール『ゲッベルスと私』という映画がかかっています。ナチスの宣伝担当相ゲッベルスの秘書だった女性、ブルンヒルデ・ポムゼルにインタビューしたドキュメンタリーです。予告編にこのようなシーンがあります。

「今の人はよく言うの」

『私ならあの体制から逃れられた』『絶対に逃げた』

「無理よ」

「あの体制から逃れることは出来なかった……」

www.youtube.com

しかし、第二次大戦終結から七十年余の2017年にニマ・ラモさんは故郷を離れ、体制の抑圧下でなにが行われているか、訴えています。残してきた家族や友人には「連絡すると迷惑がかかるから」*2と孤独を抱えての生活です。

それを思うと、「体制から逃れられない」ことなんて、ないのではないだろうか、あるいは人類は第二次大戦中よりも、少しは人間的に進歩しているのではないだろうか、そう思うのです。

それを、ニマ・ラモさんや、故郷を失ったチベット人、故郷でチベット人らしく暮らしたいのにそうできないチベット人という、つらい状況によって知るのは残念ではありますが……。

 

◆ニマ・ラモと浴衣

さて、ニマ・ラモさんは初めて日本に来てから浴衣に興味津々。孤独で緊張することの多い生活の彼女に少しでも息抜きをと、ボランティア仲間と浴衣着付け隊を結成、講演会が終わってから二人がかりで浴衣を着付けました。初の浴衣姿、とても喜んでいただけました。

 

f:id:Mmc:20180719015543j:image

 

浴衣を着る前の彼女が着ているのは、チベットの民族衣装チュパで、右前になる襟元が和服に似ています。……横のわたしは司会終了直後でヨレヨレなので、着崩れと姿勢の悪さはご容赦を。

 

f:id:Mmc:20180719015604j:image

 

ニマ・ラモさんの身長がわたしとあまり変わらないので、私物の金魚*3の尾鰭浴衣とマリンよろけ縞の半幅帯でばっちり、と思いきや、ニマ・ラモほっそい! バストはちゃんとあるのにウエストは蜂のように細いので、補正タオルがもう少し必要でした。

 

f:id:Mmc:20180719015618j:image

 

初の浴衣にはしゃぐニマ・ラモさんを見ると、平和に普通に知り合って浴衣の話がしたかったな、と思ってしまいます。彼女の笑顔の写真を見るたび、ちょっとせつない……。

*1:チベット人が亡命するといえば、それは99%、ヒマラヤを越えることを指します。

*2:公安が電話などを盗聴し、亡命者と連絡した本土チベット人を訪問するのです。

*3:金魚はチベット語でセルニャと言います。

寿司と肉とチベット人

先日、テンジン・デレク・リンポチェ顕彰「勇気のメダル」賞授与式の帰り、チベット人三人、日本人三人で回転寿司に行った。

すると、日本人と結婚して、日本で育てた息子が大学生になった一人のチベット人Aが、「回転寿司って、初めて〜」と、キャッキャして言うので驚いた。もう一人の既婚で日本で子どもと暮らしているチベット人Bも、「ええ? 子どもと行ったりしないの?」と驚いている。

なら、大丈夫そうなものをなるべくいろいろ食べてもらおうとする我々。なお、あとでチベット人Aが「カウンターのお寿司に銀座で行ったことはある〜」と言ったことにより、チベット人Cが「ジロー(すきやばし次郎)じゃないだろうね?!」と気色ばむ場面も。なお、気色ばんだ彼によると、Netflixで見た「すきやばし次郎」のドキュメンタリーに感心しきりで、いつか行きたい! と思っているそう。

 


f:id:Mmc:20180714000027j:image

f:id:Mmc:20180714000031j:image

 

さいわい、注文用のタッチパネルは多言語対応なので、英語セレクト。だがそこで、子どもと回転寿司によく行くというチベット人Bがニヤニヤして言った。

「英語メニューで説明されても、チベット人にとっては魚はどれもこれも全部『ニャ』だからねー」

そうなのだ、たいていのチベット人は魚を食べる習慣がないので魚をいろいろ呼び分ける習慣がないのだ。それでも烏賊、蛸あたりは食感がダメだろう、ツナ(っていうか鮪)とサーモンなら大丈夫というので頼んでみたり。そしてチベット人にとっては、イクラなどの魚卵、シラスなどはもってのほかである。というのも、チベット仏教の考え方からすると、生命体一つに魂が一つ宿っているので、魚卵やシラスなどは一度に大量に命を消費するけしからん食べ物なのだ。

と、そこで生の馬肉寿司や、ローストビーフ寿司なるものを発見。肉好きなチベット人、これはイケるのでは? と勧めてみたところ、チベット人A、

「いや、完全に火が通ってない肉は、ちょっと……」

とのこと。Aに限らずチベット人にとって肉とは、ちゃんと焼いてあるか(炒め物とか)、ちゃんと茹でてあるか(チベットの肉うどんとか羊の塩煮とか)、ちゃんと蒸してあるか(チベット餃子といわれるモモとか)、ちゃんと干してあるか(チベット高原の寒さと強い紫外線で乾かしきった肉とか)じゃないと不安で食べられないそう。

寿司を愛する日本人が、寿司はいろんなテクニックで生肉でも安全に食べられるようになってるんだよ、と力説するも、

「あの、火の通ってない『くにゅ』って食感がダメなんだよね〜」

とのことでした。いやあ、あの「くにゅ」がいいんだけどなあ。

ちなみにこの日のチベット人のみんなは、山葵はOK、というかむしろ好きだそうです。

 

チベットハウス東京で「勇気のメダル」賞授与式

昨夜、東京のダライ・ラマ法王代表部事務所、通称「チベットハウス」で、テンジン・デレク・リンポチェ顕彰「勇気のメダル」賞の授与式が行われました。

くわしくは石濱先生のブログをどうぞ。

 
写真はこちらのSFTJのフェイスブックで。

www.facebook.com

黒いストライプのチベット民族衣装の女性が、前回のエントリでお知らせした、テンジン・デレク・リンポチェの姪、ニマ・ラモです。

mmc.hateblo.jp

 

昨夜のわたしは写真係だったのですが、人物写真むずかしい……。ふだんケーキとかパフェとか花とか空しか撮ってないからか、連続でスタンディング睡眠中みたいな顔ばっかり撮れてしまったり。とにかく数を撮ったので、なんとか使える写真、必要な写真は撮れていました。この↓写真は開場前の待機中にスマホカメラで撮ったもの。

f:id:Mmc:20180713113140j:image

お題「カメラ」

 

 

チベットの政治犯の姪、ニマ・ラモ講演会のお知らせ

チベット文化の保護と発展に尽くし、チベット全土の人々に敬愛された高僧テンジン・デレク・リンポチェ

中国政府の迫害によって2002年に死刑宣告(のちに終身刑)、無実を訴え続けましたが2015年に獄中死してから3年が経とうとしています。

姪のニマ・ラモさんはリンポチェの死因究明を求める一家の中での中心的人物で、2016年7月に中国から逃れ、現在はインド北部のダラムサラを拠点にチベット人の人権保護のために活動しています。
中国政府はなぜリンポチェを投獄し、チベットの人々から遠ざけたのか。そしてチベットでの「宗教と文化の自由」はどのようになっているのか。
SFT Japanはニマ・ラモさんを初めて日本に招き、各地で講演会を開催します。大阪以外は入場無料です。各地でチベット語から日本語への通訳付き。ニマ・ラモさんの話を聴きにいらっしゃいませんか。

 

東京:7月16日(月・祝)16:00

f:id:Mmc:20180711142826j:imagehttps://www.facebook.com/events/2065078327067025??ti=ia


名古屋:7月18日(水)18:00

https://www.facebook.com/events/283158782227042??ti=ia


大阪:7月20日(金)19:00 参加費1500円(要予約)

https://www.facebook.com/events/1863364990626431??ti=ia


福岡:7月21日(土)14:30

https://www.facebook.com/events/802095360181456??ti=ia


広島:7月22日(日)13:00

https://www.facebook.com/events/1832337013500051??ti=ia

超個人的ブラトップ比較

最初は乳癌手術痕をいたわるために、最近では四十肩でふつうのブラのホックを後ろで留めたり外したりできなくなったために、いろいろ買ってます、ブラトップ。今日はその個人的な比較。

 

スロギー化繊

(トリンプ)Triumph スロギーG028 カップ付きハーフトップ N86-2504 04 04(ブラック) L
 

 最初に買ったもの。ブランド名どおり、感動的に「ゼロフィール」! ただ、内蔵パッドが立派すぎて詐欺を働いてる気分になるプロポーションに。

 

スロギー綿混

化繊のスロギーとは中に入っているパッドが違う。化繊のほうは「その盛りはいらない」な感じだけど、綿混のほうはちょうどいい。綿混のほうが汗をしっかり吸って、かつさらさら(スロギー化繊はすべすべな感触)で、少し高いけど気持ちいい。

 

無印良品カップ入りタイプ

www.muji.net

www.muji.net

www.muji.net

七分袖(冬ものだったらしくウェブにはもうなかった)、フレンチスリーブ、タンクトップ型、キャミソール型と次々増えました。カップ「付き」だと手術痕にもお肌にも優しくないので、カップもしくはパッド「入り」推奨。決め手は居心地の良さに加え、アウターとしても着られること。七分袖とフレンチスリーブはバレエのレッスンにも使っています。

 

カタログハウス・フリーストレスブラ

あまりよくなかった。

・パッドがヘタレ。中身の胸があってこそパッドの形が保てる感じ。わたしはそんな胸ではないので、ほかのブラトップの替えパッドを買って入れ替えようかと思ってます

・肩紐にあたる部分が短い。ので、パッドがヘタレなのもあってだんだんずり上がってくる

パッド替えても使えなかったら、どうしよう……。

 

オルビス・ウルトラコンフォゼロ ハーフトップ

www.orbis.co.jp

スロギー化繊と似た感じで、パッドは詐欺罪に問われなさそうなふつうっぽさ。で、スロギーよりお安い。ミントを買ったけど、他の色も買おうかなあ。

なお、これより前にオルビスのカップ「付き」タンクトップを買ったんだけど、生地が厚くて暑いのと、しっかりしたカップが直接、肌にあたるのであまり使っていません。

 

オルビス・サマーメッシュブラキャミ

www.orbis.co.jp

詐欺罪まではいかないけどドレッシーな服が似合う感じのプロポーションになります。しかし、黒とアイスグレーしかないのはなぜなんだ。ベージュ作ってくださいよ~。上のハーフトップはサンドベージュがあるのに。

 

そんな感じでしょうか。なお、後ろホックのいわゆるふつうのブラたちは、四十肩が治ったときのために待機中です。

 

レッスン周辺情報・大人バレエまんが・レッスン覚え書き

レッスン周辺情報

今月こそは月2回以上! と思いつつ、なかなか行けなかったりする大人バレエ。レッスンについての周辺情報で気づいた点を書き出してみた。

・立地している街が栄えているほど競争が激しいのかギスギスしている。街が栄えていると、(1)地価が高いのでレッスン室はともかく、ロッカー室の設計にゆとりがないので、レッスン前後がギスギスする。(2)細長く高いビルにレッスンルームをできるだけたくさん作るためか、同じ時間にいろんなレベルのレッスンがあり、レッスンが終わると設計にゆとりのないロッカー室がさらにギスギスする。(3)生徒が大勢いるのでのびのびレッスンできない。一回のレッスンで12人がギリギリなのではないかと思う

・習い事はなんでも先生との相性が肝要だと思うが、(1)スパルタな先生はわたしには無理。その先生からは「レッスン前にきちんとストレッチしないから開かない」という言葉を耳にして、「開脚160度以下のやつは去れ!」的な空気を醸し出しているのに驚愕したが、えっとこれ「大人バレエ」教室ですよね?(2)逆に、だめかもと思っていたけど良かったのは、「もっと夢を見させて!」とかファンタジックな喩えで指導してくれる先生。もちろんそれだけじゃなく、要所要所で姿勢をチェックしたり直してくれたりがあってこそだけど(なお栄えてる街の、生徒の多いレッスンだと先生の指導もそこまで行き届かない)

 

大人バレエまんが

ところでウェブまんが『それでも蝶は舞う』を購読しているCOMiCOで『アヒルのバレエ』をレコメンドされていたので読んでみました。

f:id:Mmc:20180704181507j:plain
f:id:Mmc:20180704181515j:plain

 

ううっ、大人バレエ初心者にとってのあるあるが突き刺さる内容……。さいわい、わたしの通うレッスンの先生はこのまんがの先生のようにきつい物言いはしませんが。

 

f:id:Mmc:20180705095845j:plain
f:id:Mmc:20180705095657j:plain

 

とはいえポジションの図解などいろいろ役に立つので、たびたびスマホから開くことになりそうです。

f:id:Mmc:20180705110603j:image

 

レッスン覚え書き

・六月二回目
床の上に脚を平行にのばして座る。仙骨を立てて背筋が曲がらないように
→太ももの上に足をのせて足首を右回し、左回し
→足の指を片手で一本ずつ、計二本ずつ持ち、交互に前後左右に動かす
→足の裏をもみ、げんこつで土踏まずをたたく

開脚して右手を右足のほうにのばしていく。左手はアン・オーでついていく。戻って開脚のまま体を前に倒していく

うつぶせになり、両手を顔の脇にまっすぐ置いて、おなかの力で起き上がる。おへそで天井を見るつもりで。そこから片手を前にのばす

足のポジション練習。片足ずつドゥミポアントからポアント

ジャンプ練習。つま先、足の指で床を蹴って飛び上がる。空中で足がポアントのように垂直になっていることが理想

五番ポジションの前後入れ替えジャンプ16回。足の位置がずれないよう、太ももを意識して働かせる

上記の16回に腕の動きをつける。二回ずつに分けて、下、中、45度、上(アン・オー)

 

・七月一回目
床の上に脚を平行にのばして座る。仙骨を立てて背筋が曲がらないように→足首回し

足のつま先を手で掴んで足の裏、膝の裏をのばす。わたしは手がすでに届かないので持参の手ぬぐいをつま先に引っ掛けてのばす

開脚して体を前に倒していく。息を吐きながら両手を前に進ませる

足の裏を合わせて座る。腰の後ろで手を組んで下から上にゆっくり動かす。下ろすほうも同様に→手を組んだ腕を前から上に上げ、左右に動かす

 

……あれ、柔軟がこれ以上思い出せないぞ?! どうした、わたし。

 

気を取り直してバーレッスン。五番ポジションにどう足が移行するかと、五番ポジションでどう足を動かすかをひたすら習った感じ。片脚だけ動かすときに腰を同じ位置で固定する、とか、頭のてっぺんから吊り下げられているように身長を高いまま保つ、とか、お尻は引き上げたまま、とか。左脚だけで立ってバランス。それから脚を後ろに思い切り振り上げる。

そのあとバーを片付けてセンターレッスン。五番ポジションでジャンプして足を入れ替えることで、90度ずつ開店して正面に向き直って両足をまとめてドゥミ・ポワントでバランス。フロアを四歩で横切ってからこの回転を使って正面に向き直って両足をまとめてドゥミ・ポワントしてバランス。だったと思う、たぶん。

翌日、左脚の筋肉痛がひどい。しゃがむと筋が断裂しそう。腰は当日のバーレッスン最後の、脚を後ろに振り上げるあたりからすでに痛かった。

ドッペルさんに出逢ったら

とある最近の土日祝出勤の日、また職場近辺にドッペルゲンガーがあらわれた。出社してからずっとオフィスにいるのに、外から戻ってきた後輩に「あれ? Mmcさん、さっきセブンのほうにいました?」って言われたのだ。こうなってくると、怖いとか気味悪いとかよりも好奇心が勝ってきてしまい、ドッペルゲンガーの人すなわちドッペルさんと一度、会ってみたいものだなあ、と思う。しかし、会ってしまうとSF的に対消滅したりするのだろうか。

 

そんなことがあってのおととい、最終営業日の宇田川マメヒコで、友だちとドッペルさんの話になった。その友だちもドッペルさん経験があるとのこと。友だちを仮にKさんとしておく。

Kさんドッペルゲンガーにもし会ったら、まずなんて言いますか?」
Mmc「そこはやっぱり『やっと会えたね』でしょう」

ドッペルさんはどうやら自分と同年代っぽいので、そこはやはり辻仁成がパリのシャルル・ドゴール空港で中山美穂と会ったときの第一声とされるこの言葉を言わざるを得ない。

Mmc「まあ、そのときの状況によって恨みがましい『やっと会えたね』になるのか、興味津々の『やっと会えたね』になるかはわからないけど。あと向こうから恨みがましく『あなただったんですね』と言われる可能性もあるし」
Kさん「なぜですか?」
Mmc「だってさあ、そんなに似てるってことは、お互い相手のドッペルさんのほうの知り合いが横断歩道の向こうから挨拶しても無視して、相手の無視が自分の不利益になってるっていうこともありえるわけで」

ちなみにこれはわたしが高校や大学のころのドッペルさん被害で、その日その時間その場所に絶対いなかったのに、「昨日、無視したでしょ」と友人知人に詰られた経験によるのと、そもそもわたしは歩いているときかなりぼけーっとしているので、自分の知りいであってもごく近くに来るまで気づかなかったりすることによる。すると、自分以外のぼけぼけによる煽りをドッペルさんが被って不利益、不可解、不愉快を感じていてもおかしくはない。

Kさん「いやあ、でもわたしなんてMmcさんよりそういうのもっとやらかしてると思うから、Mmcさん二人分のやらかしくらいでちょうどいいんじゃないですか?」

うう、Kさんに、どうもちゃんとした人間だと誤解されているような気がする……。

 

なお、わたしのドッペルさんは現在、都内に少なくとも二人いるらしい。目撃者によれば一人は職場の街、一人は自宅の徒歩圏内である。

自宅の徒歩圏内のほうは、整体の先生がよく見かけるようなので、そのドッペルさんがこの整体に通ってくれれば、職場近辺と自宅近辺のドッペルさんが同一人物か否か、また渋谷西武のMUJIカフェでわたしが間違われた「ミズノさん」とやら、そして大学時代隣の学部でわたしの高校時代の同級生と二人展を開いた人物と同一人物かどうかが確認できる。実際に会うとSF的に対消滅してしまうかもしれないが、周辺情報から都内にいるドッペルさんの人数を確定するくらいはしてみたいのだ。

という話をしていたらKさんがぽつりと、「でもあんまり近づかないほうがいいのかもしれません」と、言った。

「前にわたしのドッペルゲンガー体験をお話ししたことあると思うんですが、その相手のほうなんですが、風の噂で入院したと何年も前に聞いてから、音沙汰がないんですよね。その対消滅の話でいえば、こっちのほうが生き残ったのかなって」

うむ、たしかにそうなってしまうと、『ドリアン・グレイの肖像』のようで、あまり後味はよろしくない。それに、後輩も言っていた。「この街で土日祝出勤ということは、同業者の可能性が高いです。それが対消滅したら、二つの職場でかなりの混乱が起きるのでは……」と。