読んだり食べたり書き付けたり

霊長類ヒト科アゲアシトリ属ジュウバコツツキ目の妄想多め日録

映画『ボヘミアン・ラプソディ』@TOHO上野

 

江口寿史のなんとかなるでショ!

 

最初は見るつもりはなかったのです。というのもわたしにとってクイーンって、曲は知っているけど特にファンでもなくて、フレディ・マーキュリーはしまあつこ先生の『8ビートギャグ』や、彼を元ネタにしたのであろう江口寿史先生描くところのトーマス兄弟とかでまず知ったようなもの。お姉さんたちがクイーンにきゃーきゃー言っているころ、わたしはプログレが好きで、YESとかELPをよく聴いてました。

 

CROMARTIE HIGH SCHOOL [DVD]

CROMARTIE HIGH SCHOOL [DVD]

 

 

が、まんがを通じての同い年の友人にアクラム・カーン版『ジゼル』を激賞したら、先日、再上映の会場で偶然顔を合わせ、彼女が『ボヘミアン・ラプソディ』を激賞するので、それなら、と見に行ったのです。結果、とてもよかった!

なんというかこう、「推しを見守る壁になりたい腐女子心」が存分に満たされました。レミ・マレック演じるフレディはとてもチャーミング。あと、「ブライアンがブライアン過ぎ」の噂は本当だった。猫がちょこちょこ出てくるのもいい。猫のゴロゴロ音目当てにIMAXやドルビーで見直した猫好きがいるのもわかる。しまあつこフレーバーが感じられて、去年出た本、買おうかなあとか思っているほど。

けどやっぱりレミ・マレックのフレディはわたしには肉が足りない〜。もっとムチムチしてる印象だったので、無理してゲイ・スタイルにしているかのように見えてしまって……。そのかわり、あのスタイルになる前の若い頃がとてもかわいらしくて、当たり前だけど40代あのスタイルのフレディになる前に、フレディはちゃんと若かったんだよな、と納得しました。というか、いつのまにか自分がフレディの享年を過ぎてしまったという事実……。

最後に、「やっぱり見ようかなあ」と思った理由のうちのひとつのツイートをご紹介。オタクもここまでくればもう、芸ですよね。

 

 

 

お題「最近見た映画」

アクラム・カーン版『ジゼル』二度目@東劇

新年初映画館、かつ二度めのアクラム ・カーン版『ジゼル』は夫の人と一緒に。夫の人曰く「群舞がテクでいうと三角波がビシッと立ってる感じでとてもイイ! ただパドドゥはあんまり……」。

パドドゥはわたしは違和感なく見ていたけど、クラシックバレエ的な「見せ場」になっていなくて、演劇的に全体と馴染んでいるとも言えるので、見る人によってアリかどうかが分かれるんだなあ、と。

一回目を見る前は、「タマラ・ロホがジゼル?」と思っていたのですが、今作のジゼルは原作と違って病弱じゃないのと、工場労働者ということ、ロホが演じていることで、『カルメン』を思わせます。

なお帰り道に友人たちと話しながら一致したのが、
「アルブレヒトがおっさん」
「アルブレヒトがかっこよくない」
「工場長アルブレヒトが移民で立場の弱い労働者ジゼルに手をつけちゃったみたいに見える」
と、アルブレヒトの配役に不満噴出! これも、クラシックバレエ版『ジゼル』で、ジゼルとアルブレヒトは美男美女! というものを求める気持ちが強いとそうなるよね、と。

ただこの映画版、ヒラリオンが原作と違ってくっきりと悪者で、歌舞伎でいう色悪的な華があるので、そっちに男性役の魅力を振ったのかな? とも思えます。アルブレヒト役がおっさん工場長っぽいのは、より現実的に、ということなのかもしれません。

その視点で見ると、バチルドはアルブレヒトの婚約者というより、工場を保有する企業の幹部で、「最近この工場の風紀とコンプライアンスが乱れてると密告が(ヒラリオンから)あったので見に来てみたら……。はぁ〜〜(ため息)」というストーリーにも見えてきます。そうなら、アルブレヒトがバチルド側に戻れないラストは納得!

そしてミルタはちょっと百合っぽい。「なんで? なんであんたそんな男をかばうの?」と関西弁のイントネーションでジゼルに語りかけてそうな雰囲気。それにしても第2幕、原作と違ってずーっとずーっとポワント! みなさん強靭! ミルタ登場シーンはトウで歩いてロホを引き摺るって、やっぱり大変そう! わたし的にはウィリたちの世界は黄泉の国ではなくて、さらにアンダーグラウンドな、たとえば水道管のなかで暮らす貧困層のイメージ。

そして劇伴は今回も最高。ありがちな流れからふとノイズに切り替わるときなども計算されていると思う。第2幕の音場設計はあちらふうの「ヒュ〜ドロドロ」なんだろうなあと思って見ていました。

実は過去のアクラム ・カーンのオリジナル作品はいまいちはまれなかったのですが、ジゼルはどはまりしました。もしかして、アクラム ・カーンは押井守のように、原作付きなどの制約があるほうが輝くタイプなのかも、と思ったり。

 

www.youtube.com

お題「最近見た映画」

【気になる言葉】きゅうたいいぜん・だいそれた

先日、大家さんに「別府の地獄ってね、一巡りでいくら、じゃなくて、一地獄ごとにお金がかかるのよ、フフフ」と言われ、「これがほんとの『地獄の沙汰も金次第』か」と感じ入ったのですが、本当でしょうか。去年、別府方面には行ったのですが、地獄巡りはしなかったので、気になります。

そして気になるといえば、ただ生活しているだけで増えてくるのが気になる言葉。今回は二つです。

 

◆旧態依然

「旧態依然」。これを「旧態然」として使っている人がけっこう多いことにしばらく前から気づいていました。でもって「旧態依然」という言葉の存在を別にしてみると、「旧態然」でもそう間違っているとも言いがたいのが悩ましい。

ちなみに精選版日本国語大辞典で引くと「旧態依然」はこう。

f:id:Mmc:20190112013322p:image

 

そして「旧態」はこう。

f:id:Mmc:20190112013334p:image

 

さらに「然」はこうです。

f:id:Mmc:20190112013149p:image

 

この「旧態」に状態を表す「然」を付けるのは「態」の語義がダブってはしまいますが、そういう組み立ての言葉はないわけでもない。そうすると「旧態然」も通じなくはないかな、と思えるのです。たとえば「お嬢様然」という言葉のように。

ただ、「お嬢様然としてツンとおすまししている」とは言いますが、「お嬢様依然としてツンとおすまししている」とは言いません。

というか、その場合、「お嬢様は依然としてツンとおすまししている」という意味になり、「お嬢様然として〜」の場合とは文意が変わってしまうのでは、という悩みが生じます。

となると今は誤用として使われ始めている「旧態然」は、「旧態依然」と同じ状況を指すとは言えないのではないか? う~むむむ。

 

◆大それた

「大それた」って、どう発音しますか? わたしは「だいそれた」だと思っていたのですが、ツイッターで「おおそれた」と打たれているのを複数回、見かけました。

で、この二つを日国で調べてみます。


f:id:Mmc:20190112013221p:image

f:id:Mmc:20190112013226p:image

 

うーん、「おおそれた」でもさほど意味は変わらないのでは? と思えてきて、いまたいへん悩ましい状況です。もちろん仕事では「大それた」をひらいてかな書きするときは「だいそれた」と決まっているので悩まないですむのですが。

お風呂が沸く音

しばらく前に、賃貸で住んでいる我が家の給湯器が新しくなった。

その新しいNORITZノーリツ)の給湯器で、お風呂が沸いた時にワンフレーズ流れるメロディの元曲、ドイツの曲だと思うのだがタイトルが思い出せずに気になっていた。

「鼻歌アプリに聞いてみれば?」と夫の人が言うので、「鼻歌 アプリ」で検索してみることにする。

 

f:id:Mmc:20190109013636j:image

 

appストアで「はなu」まで検索窓に打ち込んだら、即「鼻歌アプリ」が候補に出てきた。次のヤマハと迷ったがよく使われてるほうが精度が高いだろうとインストール。

 

f:id:Mmc:20190109013822j:plain
f:id:Mmc:20190109013701j:plain

 

まずは自分で歌ってみるが、「該当する曲がありません」と言われてしまい、「自分はいつの間にそんなに音痴になったのか……」とショックを受ける。そこで次は給湯器から流れるメロディそのものを聞かせてみた。

まったく掠らないJ-POPが候補に並んだ。だめじゃん……。

 

f:id:Mmc:20190109013957j:plain
f:id:Mmc:20190109013711j:plain

 

そこで「ヤマハにしておけばよかった……」と思いつつ、速攻でアプリを削除、次に「ノーリツ 風呂 音楽」で検索してみたところ、気になる人は多いようで、情報はすぐ見つかった。

 

www.worldfolksong.com

 

元曲のタイトルは「人形の夢と目覚め」でした! ピアノ教室の練習曲にあったので、記憶がかすかにあったらしい。ピアノは母親の趣味で習わされていたのだが、幼稚園入園前から日々、母親にひどい折檻(怒鳴る、頭を叩く、脚を蹴る、腕や手を抓る、間違えた指に待ち針を刺すなどなど)を受けながらの練習だったので、あまり曲名などの詳細な記憶が残っていないのだ。とりあえず曲名がわかってすっきり。

 

お題「今日の出来事」

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』(ネット視聴)

ネット視聴で新年初映画。A.A.ミルンの『クマのプーさん』原作ファンとしては見るべき作品。画面は衣装の生地に至るまで考証が尽くしてあるのだろうなと感じられ*1、気になるところもなくとても美しいのですが、その反面、クリストファーの生育環境の残酷さが突き刺さってきます。

 

クマのプーさんと魔法の森

クマのプーさんと魔法の森

 


内容はクリストファーの書いた『クマのプーさんと魔法の森』を彷彿とさせながらも、映画の主人公は父ミルン。サセックスに引っ越してくるクリストファーが「新しいおうちにパパとママも一緒に住むとは思わなかったの」というあたりから不吉な予感が。というかわたし自身、クリストファーのその後を知っているのでただ楽しい鑑賞体験というわけにはいきません。

ラストシーンも、父ミルンは従軍から帰った息子に幼いクリストファー・ロビンを重ね合わせて終わるのですが、「え、じゃあ結局、『クリストファー・ロビン』じゃなくなった息子には興味なしってこと?」と、実に複雑な気持ちになりました。実際には映画で描かれているような、クリストファーによる父の作品の相対化と父との和解は父ミルンの生前にはなく、関係は悪化するばかりだったわけだし。

 

クリストファー・ロビンの本屋

クリストファー・ロビンの本屋

 


それでも映画体験としては良いものでした。不満としては、クリストファーの母の描き方と、イギリス英語じゃないこと。プーさんのキャラクター造形はほとんど母ミルンとクリストファーの間の遊びによるもので、父ミルンはその観察者にして筆記者だったのでは、という説もあるほどなのに、クリストファーを育児放棄している社交界好きの派手好きな面を前面に出すのはどうかと思うのです。

 

m.youtube.com

ところで、完全にフィクションのディズニーの『プーと大人になった僕*2が映画館公開されたのに、こちらが映画館では公開されないとなると、実際のクリストファー・ロビンの人生が今後、誤解されていきそうな不安を感じています。

クリストファー自身の自叙伝は、おそらく少し大きな図書館には収蔵されていると思うので、ぜひ読んでいただければと思います。

 

お題「最近見た映画」

*1:父ミルンのスーツや母ミルンのドレスのみならず、子ども服の生地も手が込んでいたりして、植民地をかかえていた第二次大戦前のイギリスのミドルクラスの生活はこれくらい豊かだったのだろうなと思えます。夫の人は「この貴族め!」と言っていましたが、それくらい豊か。

*2:実際にはどんな仕事も長続きしなかったクリストファーが、鞄会社のそこそこ有能リーマンだったり、娘が健常だったり、ある意味主人公はクリストファーじゃなく、『クマのプーさん』を幼少期に読んでいた一般人でも置き換え可能な内容!

2018年に見た映画

映画館に見に行こうと思って行けなかった作品がけっこうあった気もしますが、まずはベスト10を。

 

『パッドマン 5億人の女性を救った男』
インド映画に必須といわれる九つの要素をしっかり活かしつつ、発明家の理解されなさと孤独、焦燥がじりじりと迫ってくる作品。2018年最後に見たこの映画が、2018年ベストでした。わたしにとっては2018年のインド映画は『バーフバリ』より『パッドマン』!

www.youtube.com

 

アクラム ・カーン版『ジゼル』
舞台の映像化は映画にカウントしないことにしているのですが、この作品はバレエと演劇、舞台と映画という垣根を超えて、クラシックバレエ『ジゼル』の骨組みだけ取り出して、いま現在の世界で肉付けして見せた傑作なので。
一月五日から東劇で再上映されるので、さっそくチケットを取りました。

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com

 

実写版『人狼
原作のアニメ版とは陰と陽のベクトルが反対、なのに執拗にアニメ版の情景を実写化しているところに重篤なオタク気質を感じざるを得ない。ベクトルの違いのほか、時代背景の置き換えがなんといっても秀逸で、今しか作れない鮮度の高い作品。

mmc.hateblo.jp

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com


ファントム・スレッド

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com
『ドリーム』

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com
ペンタゴン・ペーパーズ』

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com
希望のかなた

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com
犬ヶ島

グランド・ブダペスト・ホテル』の監督が撮ったコマ撮りアニメ。

www.youtube.com

www.youtube.com

砂糖菓子のように美しい描写のホテルを舞台に戦争と難民を描く『グランド・ブダペスト・ホテル』も、素晴らしいので、ぜひ。

www.youtube.com
『ダンシング・ベートーヴェン

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com
君の名前で僕を呼んで

mmc.hateblo.jp

www.youtube.com

ほかに『パディントン2』『デッドプール 2』『大人のためのグリム童話』『ゴッホ 最期の手紙』が記憶に残っています。なお、今年最初の映画はアクラム・カーン版『ジゼル』の再見になると思いきや、映画館では公開されなかった"Goodbye Christopher Robin"(グッバイ・クリストファー・ロビン | 20th Century Fox JP)のネット視聴でした。これについてはまた後日。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 映画館に行けなくて残念だったのは、『タクシー運転手』『万引き家族』『カメラを止めるな!』『クレイジー・リッチ!』『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』『The beguiled/欲望のめざめ』あたり。夫の人は映画館でコンビニ袋の音がしたりするのをとても嫌っていて、さいきんはNetflix配信のドラマや映画に傾倒していますが、わたしはやっぱり大画面で見るべき作品はまだあると思うのです。

 

お題「2018年を振り返る」

レッスン覚え書き・2018年末編

今日が今年最後のレッスン日でした。後半は「バレエのレッスンのためにどう時間をやりくりするか?」という感じだった2018年。ささやかながらできるようになったこと、わかったことなどをメモしていきます。

 

◆できるようになったこと

(1)まっすぐ立った状態で、骨盤を倒して手で床に触れるようになった。

いや、ふつうに身体が硬くない人なら「え?」という話だと思いますが、小学生くらいから即位体前屈でマイナス計測続きだったわたしには、「身体って変わるんだ!」という驚きの出来事でした。

きっかけは先生の、「ウエストから背中を倒すんじゃなく、骨盤を前に回転させるように倒〜す!」の一言。そしてクラス全員でそれをやっているときに、回って来た先生が骨盤を後ろから掴んで前に回転させてくれたときから、前屈して手が床に着く感覚がわかるようになりました。いやー、びっくり。なるほど、そういうことだったのか!

 

(2)「脚は足の付け根からじゃなく、鳩尾から始まっている」ことが、筋肉を自覚することで頭ではわかるようになった。

「脚を動かすときにどこから動かす?」という質問で脚の付け根では? と答えたら、「いいえ、鳩尾からです」と言われ、それからしばらくはそれがどういうことなのかまったく体得も想像もできなかったのですが、何回かあとのレッスンで突然、その筋肉が自分にもあることを自覚。

具体的には、鼠蹊部から丹田を通り、おへそに向かって走っている筋肉が、自分にもあることがわかったのです。それは、この筋肉を使うことで、バレエ的に片脚で立つときの安定がはかることを体得する過程でのこと。

とはいえ、鳩尾から動いているように脚が横や後ろや上に45度以上、上がってくれるのはまだまだ先のようです。

 

◆わかったこと

(1)爪先立ちのバランスが出来ていたのは、バランスというより身体に力が入っていたからだった。

これはけっこうショックでした。しかも骨盤の高さが揃っていないので、真にバランスが取れている姿勢とも言いがたい……。

 

(2)常にどの超初心者クラスでも一番出来ない子。

これまで正直、どこに行ってもそこそこ出来る・こなせる人扱いだったので、レッスンのたびに毎回、「自分がいちばん身体が硬い」「自分がいちばん動きを覚えるのが遅い」という絶望的な事実にうなだれています。

特にバーを離れてのフロアレッスンでは、身体の硬さに加え、先生が一回やって見せて言葉で説明した動きをみなさんがスイスイやっているのに、わたしは覚えられずドタバタ。パ・ド・シャ(猫のような跳躍)も、わたしの場合、筋肉が出来てなくて跳躍の高さがなくて脚が伸びないのもあり、蛙のようです。うう……。

 

(3)合わないマッサージ師はさっさと切る!

12月は半月ほどバレエのレッスンに行けなかったのですが、その大きな理由が合わないマッサージ師に4~5回、連続でかかってしまったこと。職場の近くにあるのが便利なマッサージ屋さんで、土日だけ来ているという新顔の施術師に、初回に脚の長さをそろえられたので信用してしまったのですが、その後、施術は痛くてつらいわりには施術師が言うようには一向に身体がやわらかくならない。なんなら翌日、身体中痛くなるときも。

「これはダメだ」と思った決定的な要因は、「翌日か翌々日の休みにバレエのレッスンに行けるといいなあ」と話しながら十二月二十二日に施術を受けたのに、二十三日も二十四日も腰を中心に身体中が痛くて寝込んでしまい、バレエのレッスンどころじゃなくなったこと。二十五日に別のマッサージを受けて、ようやくまともに仕事ができるほどでした。

というわけで二十二日に「経過を見たいから来週も来てくださいね」と言われましたが、今日は行かずにバレエのレッスンに行き、別のマッサージを受けて帰宅。今は身体中痛いこともなく、プロの身体の可動域に驚嘆しつつ、無駄にした半月と施術代にため息をついているところです。

 

www.instagram.com

お題「2018年を振り返る」